夕日

2010年7月30日 (金)

梅雨明け前後の夕焼け(洗足池にて)

今年は梅雨明け前後に見事な夕焼けが出現しました。
始まりは7月10日梅雨の晴れ間からでした。
この日ウオーキングをかねて洗足池を被写体を探しながら回っていました。
太陽が沈む時間になったので夕陽撮影ポイントに移動しました。
いつもと同じ普通の夕陽でしたが、それでも落日は撮りたくなってしまいます。
E-P1+パナソニック20mmF1.7です。

1) 7月10日18時39分
P7103062slkp_


ところが日没から7,8分経ったころ光の状況が変化してきました。
かすかに光の帯が見られます。
2) 18時47分
P7103083_1_


この後刻々と光の帯がはっきりしてまるでサーチライトの様になりました。
3) 18時49分
P7103096slkp_


右側にクラゲの様な雲も出現していました。
4) 18時50分
P7103099_1_


そこにワカケホンセイインコの群れが東京工業大学のねぐらに向かって飛んでいきました。
5) 18時54分
P7103113_1_

これを機にサーチライトは静かに消えていきました。

7月12日午後から晴れてきたので今度は最初から期待して撮りにいきました。
E-P1にMZD ED14-42mmを付けていきました。
日没後出かけて待つ事10分期待通りに雲が輝いてきました。
6) 7月12日19時4分
P7123170slkp_


この日は影の帯が出てきました。
7)19時5分
P7123177_1_

影の帯は発達しないであまりはっきりしないまま、やがて赤みは最高潮になってきました。
8) 19時11分
P7123204slkp_

一番赤く焼けている所を望遠側で切り取ります。
9) 19時14分
P7123212_1_

綺麗な色あいに変わってきました。
10) 19時18分
P7123223slkp_

梅雨明け宣言のあった7月17日は真っ赤な夕焼けを見かけたのですが残念ながら撮りに行けなくて、翌18日期待して出かけました。
上弦の月が輝いていました。
その月に夕焼け雲がかかりました。
この日はこの雲だけが焼けました。
E-P1+パナソニック20mmF1.7です。
11) 7月18日19時12分
P7183351slkp_

翌7月19日は早めにスタンバイしました。
しかし期待出来そうも無い空模様でした。
トンボが飛んでいたので何回かシャッターを切って何とか写し込む事が出来ました。
E-P1+パナソニック20mmF1.7です。
12) 7月19日18時47分
P7193374ov2_

期待出来ないと思っていた雲が19時を過ぎて化けてきました。
13) 19時8分
P7193428slkp_

14) 19時9分
P7193428slkp__2


水面まで赤く染まってきました。
こんなのは初めての体験です。
15) 19時17分
P7193454slkp3_

カラスが飛ぶのを待って。
16) 19時18分
P7193462slkp_

カモを入れて
17) 19時19分
P7193471slkp_

帰り道もしかしたらと思って振り返って見たらやはり富士山が見えていました。
18) 19時25分
P7193476_1_

翌7月20日は用事があり、焼けているらしいのが見えて、あわてて駆けつけたのですがもう終わっていました。
191) 7月20日19時23分
P7203478slkp_

7月27日にはもう普通の夕焼けに戻っていました。
20) 7月27日19時13分
P7273649slkp_

こんなに続いていい夕焼けが見られたのは初めてです。
昔見た映画「風と共に去りぬ」のラストシーンの夕焼けはビビアン・リー扮するスカーレット・オハラのセリフ「明日は明日の風が吹く」とともにずっと忘れられないでいます。
いつかあんな夕焼けが撮りたいと、これからも追い求めていくと思います。



| | コメント (10)

2010年2月11日 (木)

鎌倉稲村ヶ崎(5Dmk2版)

最初に鎌倉にも一緒に行った福宮さんのブログが開設されましたのでご紹介致します。
前に私のブログでカワセミの凄い写真や富士山の写真を載せましたが、これからはご本人のブログで素晴らしい写真が見られるので楽しみです。

「風来坊のチョットそこまで!」と言うタイトルです。
HNはkurama-samuraiです。

http://kurama2938.exblog.jp/

是非訪問してコメントを遠慮なく入れてあげて下さい。
私からもお願い致します。

さて、稲村ヶ崎の撮影はカメラ2台で撮影しましたが、5Dmk2の方はEF17-40mmを付けて広角を生かして波打ち際を移動しながら手持ちで撮ったりしました。

先ずは稲村ヶ崎公園の高い所からの定番撮影です。
1)
Img_1529slkp_

暫く待って漸く太陽が間もなく沈む位置に来ました。
2)
Img_1539slkp2_

3)
Img_1553slkp_

4)
太陽が沈もうとする時何処からか現れた男の子が海に向かって石を投げはじめました。
Img_1562slkp_

5)
Img_1563slkp_

そして太陽はあっと言う間に海の彼方に沈んでいきました。
6)
Img_1572slkp_

太陽が沈んだ後の方が空は赤く染まります。
その写り込みの美しさを狙いました。
7)
Img_1587slkp_

8)
Img_1593slkp_

9)
Img_1608slkp_

10)
Img_1616slkp_

11)
最後にE-620の代わりに三脚に載せ13秒かけて撮りました。
ピークをもう過ぎていたので渚の写り込みが今一でした。
40mmです。
Img_1621slkp_

2)
17mmです。
Img_1623slkp_

次回は鎌倉のお寺巡りの写真を載せます。(あまりいい写真は撮れませんでしたが)

| | コメント (20)

鎌倉稲村ヶ崎(E-620判)

2月6日いつも尾瀬に行く4人で鎌倉に行ってきました。
鎌倉駅から鶴岡八幡、鎌倉宮、瑞泉寺、杉本寺、寿福寺とまわり、稲村ヶ崎で夕日を撮影して帰りました。
この日の稲村ヶ崎は冷たい海風が強く三脚が倒れるのではないかと思うくらいでした。
その中3時半から日没まで頑張ったため風邪をひいてしまいました。
風邪といっても鼻風邪で熱も37度でたいしたことはないのですが、歳のせいか治るのが遅い感じです。

お寺巡りの写真は後にして稲村ヶ崎の写真から載せます。

今回カメラは5Dmk2+EF17-40mmとE-620+パナライカVE14-150mm+オリンパスZD70-300mmでフルサイズ換算17mmから600mmまでカバーしています。
E-620はブログ初登場です。

稲村ヶ崎と言えばサーフィンでしょうか。
そのサーファーを狙いました。
レンズはVE14-150mmです。
1)
P2060250slkp_

2)
犬を連れてきている人がいました。
P2060266slkp_

3)
P2060268slkp_

今日の富士山は霞んで雲がかかっています。
4)
P2060272slkp_

砂浜には色々な人が遊びに来ます。
その中で一番絵になる父娘でした。
5)
レンズをZD70-300mmに変えました。
P2060285slkp_

6)
P2060287slkp_

この男の子も大活躍(5Dmk2版で)してくれました。
7)
P2060305slkp_

いよいよ太陽が沈んで来ました。
8)
P2060313slkp_

9)
そして完全に沈んで行きました。
P2060320slkp_

富士山の向こうの空が赤く染まり始めこれからが本番です。
10)
P2060331slkp_

レンズをVE14-150mmに変えました。
11)
江ノ島、富士山、海、夕景の定番写真です。
シャッタースピード(SS)は8秒です。
P2060336slkp_

12)
SSは10秒です。
P2060338slkp_

13)
P2060339slkp_

14)
目一杯広角にしました。
P2060341slkp_

15)
富士山の向こうの空が最高に赤くなりました。
P2060343slkp_

16)
P2060344slkp_

この時がピークでした。
身体が冷えきってしまい急いでカフェに入り好きなミルクティで身体を温めましたが、チョット遅すぎた様です。
次回はは5Dmk2版です。

| | コメント (4)

2009年10月 8日 (木)

台風一過の夕景

台風18号が過ぎた後は風もおさまり綺麗に晴れました。
もしかしたら今日はいい夕景が見られるかもしれないと洗足池に行ってみました。
空気が澄んでいるのでしょう夕日がギラギラ輝いていました。
あまりにもギラギラしているので直接太陽を入れて撮るのはもう少し沈む迄待った方がいいと思いギリギリ陰になる場所で撮ってみました。
すべてE-P1+MZD14-42mmで撮影

1)
Pa081162slkp_

いつもならここまで太陽が沈むとかなり光が弱くなり写真も撮り易いのですが、今日は違いました。
完全に飛んでしまいました。

2)
Pa081165slkp_

メタセコイアの後ろに太陽を入れて丁度いい感じになりました。

3)
Pa081178slkp_

もう少し雲があったらいいのにと思いましたが、なかなか全てがうまい具合にいくのは難しいです。
この雲は段々太陽と離れてしまいました。

4)
Pa081187slkp_

太陽が沈んで暫くしたら雲の赤みが増しました。

5)
Pa081195slkp_

5時を少し過ぎただけでもう夕焼けが終わりになるなんてまさに「つるべ落としの秋」ですね。

| | コメント (22)

2009年1月27日 (火)

OM-2+プロビア100F

オリンパスOM2にプロビア100Fを入れて撮った写真をまだ載せていなかったので載せます。

OM-2は孫の優ちゃんを公園に連れて行く時小型なので持っていけます。
コンデジでは物足りないのが解消しますがMFですのでピント合わせが大変です。

優ちゃんの写真は別の機会にして、
今回は12月の一番日が短い頃の夕焼け、夕日を子守の合間に撮ったものを載せます。

プロビア100Fはリバーサルで一番粒子が細かい種類で、ナチュラルカラー、高彩度のオールマイティー フィルムです。

1)
比較的雲の多かった日の夕焼けです。(フィルムの場合後から何時の日撮ったか分からないので困ります)

Img332slkp_

2)
レンズはズイコー35-105mmを付けていましたので少し望遠にして雲をメインにしてみました。(何mmで撮ったかも分かりません)

Img334slkp_


3)
手前のキンクロハジロにピントを合わせてシルエットにしました。
デジタルならば沢山撮って鳥の形のいいものを選べるのですがフィルムだと一発できめなくてはいけません。

Img335slkp__2

4)
別の日に夕日を撮りました。
この日は携帯で帰るように呼び出されたのでそれからこの一枚だけを撮のがやっとでした。
良さそうな雲だったのでこの後の変化が楽しみだったのですが・・・・。

Img350slkp_

5)
また別の日、雲の無い快晴の夕日ですがまだ日が高いので水面を中心に撮りました。

Img375slkp_

6)
鴨の位置を確認しながら夕日を撮りました。
こんな時鴨が意外と速く泳ぐのでうかうかするとタイミングを逃します。
連写に慣れていると辛いですね。

Img393slkp_


7)
Img382slkp_


8)
少し移動すると夕日が沈む最後迄見えます。
これは露出不足になってしまいました。

Img395slkp_


9)
沈む直前です。

Img385slkp_


10)
夕日が沈んだ後凄く赤みが増す時があるので油断は出来ないのですが、フィルムは残り1枚になっていました。

Img387slkp_


デジタルとは違う不便さを楽しみながら写真を撮るのもなかなかいいものです。


| | コメント (0)

2008年10月18日 (土)

コンパクトデジタルカメラ

孫の優ちゃんを公園に連れて行き遊ばせる時、気軽に持っていける新しいコンパクトデジタルカメラが欲しいと思っていましたが、やはり一味違うカメラを選びたいとあれこれ検討しました。

条件としては
800万画素以上
広角28mmからのズームレンズ付き
絞り優先が出来るもの
出来たらRAWで撮れるもの
旧型でもいいので安いもの(値段の高い物はレンズを買った方がいい)
中古でも可

コンデジにはうといので各社のカタログを集めて探していたら見つかりました。

パナソニックのDMC-LX2です。

一味違う所
アスペクト比16:9の横長サイズの絵が撮れます。(もちろん普通の3:2でも4:3でも撮れます)
なんとマニュアルフォーカス、マニュアル露出が使えます。
決定打は何といってもRAWでの撮影です。
そしてレンズはライカのDC VARIO-ELMARIT28mm-112mm/F2.8-F4.9という魅力的なものです。

困った所はOFFにしてもレンズがでっぱったままなのでポケットに入れた時大きく膨らむ事です。

発売当時6万円以上していたものが後継機のLX3が出たので新品でも約2万円で買えました。

ところが優ちゃんが風邪をひいたり色々あって公園に行く機会が未だ無いので、いつもの洗足池を撮ったものを載せます。

10月1日の夕焼けです。
全て16:9のアスペクト比で撮りました。
写真はクリックすると大きくなります。

1)

P1010025slk_


2)

P1010029slk_


3)

P1010032slk_


4)

P1010034slk_


その時ワカケホンセイインコの群れが飛んでいきました。
ワカケホンセイインコの鳴き声はヒヨドリよりもっとけたたましいのですぐ分かります。

5)

P1010045slk_


ここから10月3日撮影分です。
葦の穂が私の背より随分高くなりました。

6)

P1010049slk2_


マクロモードでホトトギスを撮りました。

7)

P1010056slk_


何時来てもカワウはほとんど杭の上にいます。

8)

P1010065slk_


最望遠(112mm相当)でもあまり背景はボケません。

9)

P1010069slk_


所々に黄葉した葉を見かける様になりました。

10)

P1010077slk_


10月3日の夕焼けが始まりました。

11)

P1010091slk_


12)

P1010093slk_


上の方の雲も赤く染まって来ました。

13)

P1010097slk2_


とその時ワカケホンセイインコの大群がけたたましい鳴き声を放って東京工業大学のねぐらに帰っていきました。

14)

P1010099slk4_


画面が小さいとワカケホンセイインコの大群が見えないので少しトリミングしてみました。

15)

P1010099slk3_


洗足池の夕焼けには欠かせないメタセコイヤの木ですが、残念な事に昨年落ち葉がひどいと近隣の住民からの苦情でご覧の様に左側の5本が大剪定されてしまいました。

16)

P1010083slk_

ちなみに大剪定される前の夕景を載せます。
昨年10月29日に出現した今まで私の出会った一番の洗足池夕景です。
この写真は前にも載せましたがこの後の劇的な変化は未だ未公開です。
いつか載せたいと思います。

16-2)

Dsc_3322slk2_

10月3日に戻り、夕焼けに映える水面です。

17)

P1010086slk_


夕焼けもピークを過ぎました。

18)

P1010101slk_


それでは最後までお付き合いだんだん

| | コメント (16)

2008年9月26日 (金)

夕焼け

昨日は久し振りに素晴らしい夕焼けが見られました。

D700+タムロン28-75mmF2.8で撮り続けました。

そのドラマは落日から始まりました。

1)

Dsc_1061slk2_

2)

Dsc_1071slk_

太陽が沈んだ後、雲が輝き始めました。

3)

Dsc_1117slk_


雲が形を変えていきます。

4)

Dsc_1128slk_


5)

Dsc_1131slk_


6)

Dsc_1133slk_


7)

Dsc_1136slk_


8)

Dsc_1142slk_


9)

Dsc_1145slk_


撮影場所を移動します。

10)

Dsc_1153slk_


童謡にもある様に夕焼けにカラスは似合います。

11)

Dsc_1186slk_

12)

Dsc_1195slk2_

夕焼けドラマは最終章となってきました。

13)

Dsc_1200slk_


ドラマは静かに幕を閉じていきました。

14)

Dsc_1203slk_


それは17時12分から17時46分の約35分間のドラマでした。

| | コメント (20)

2007年10月31日 (水)

明日中国・桂林に

明日から5日まで中国・桂林の撮影ツアーに参加してきます。

しばらく皆様の所に伺えませんのと、コメントの返事が遅れますのでご了承下さい。

帰ってきたらいい写真がご披露出来ればいいなと思っています。

機材は最小限にし、5D+EF17-40mmとD200+VR18-200mm,AF20mmF2.8だけにしました。

三脚はベルボンのエルカマ645に自由運台をつけ持っていきます。

下の写真は29日の夕焼けです。

Dsc_3324slk_


初めてかなりいい夕焼けが撮れました。

| | コメント (14)

2007年7月31日 (火)

梅雨の晴れ間の夕景

7月28日(土)は出勤でしたが久し振りに洗足池の夕日に間に合うことが出来ました。

今までのなかでもかなりいい夕景が見られました。
ところが大失敗をしてしまいました。
灯籠流しの時のISO1600にしたままで撮っていて、帰ってから現像時に気がつきました。(涙)

D40といえどもコントラストの強い夕景は暗部がノイズだらけになり暗部を持ち上げることが出来ません。

そんな訳でかなりノイジーな写真ですがネタが他にないのでアップします。

D40+VR18-200mmで撮りました。

まだ太陽が沈む迄には間が有ります。

Dsc_2499slkn_


縦位置の夕日です。

Dsc_2507_1_


続いて横位置です。

Dsc_2508_1_

うまい具合に鳥が飛んで来ました。

Dsc_2521_1_

Dsc_2533_1_


太陽は完全に沈んでいきました。
トンボをいれて(といってもわからないくらい小さいですが)

Dsc_2564slkn_


太陽が沈んだ後空がもっと色づくのを待ちましたがあまり変化しませんでした。

Dsc_2571slk_

最後はWBをちょっと変えてみました。
池に映る夕景です。

Dsc_2577slk_

| | コメント (18)

2007年5月 6日 (日)

雪景色の尾瀬ヶ原1

5月3日、4日クラブツーリズムの尾瀬ヶ原撮影会に参加しました。

鳩待峠から1m以上積もっている雪の中を歩いて龍宮小屋で一泊し、鳩待峠に戻るというコースです。
前日ツアーディレクターの方から電話があり、アイゼンは無くてもいいけどスパッツは必要ですということでした。

尾瀬には100回以上行かれているというプロカメラマンの吉田洪基講師の案内で参加者22名のツアーです。

新宿7時半出発し渋滞のため予定より2時間位遅れて午後2時頃鳩待峠に着きました。

D40購入以来久し振りにD200+VR18-200mmです。
今回は雪の中を歩くということで他の機材はD40、VR70-300mm、AF35mmF2に絞りました。

前回の時と違って天気は上々です。

Dsc_4360slkn_

鳩待峠から山の鼻への下りは滑って転ばない様に慎重に下り、山の鼻に無事付いた時はほっとしました。

正面に燧ケ岳が綺麗に見えました。

Dsc_4363slkn_


尾瀬ヶ原は木道が所々現われていましたが、ほとんどは雪の下に埋もれていました。

Dsc_4374slkn_

池糖もほとんど凍っていてこんな状況でした。

Dsc_4377slkn_

Dsc_4384slkn_

少しづつ雲行きがあやしくなってきました。

至仏山の上も青空が見えなくなって来ました。
昨年の雨の尾瀬ヶ原を思い出しやはり自分は雨男かと心配です。

Dsc_4393slkn_

ポツリポツリと雨が降り出し遠くでは雷も鳴っています。

Dsc_4396slkn_

Dsc_4404slkn_

鴨がいましたが300mmを取り出す余裕もありません。

Dsc_4403slknt_

後で拡大してみたらオシドリが写っていました。
その時気がつけばVR70-300mmをつけてもっと近寄って撮影したのに後の祭りです。

Dsc_4403slkntt

しばらくすると先程の雨雲はウソのように何処かに行ってしまいました。良かった!

Dsc_4412slkn_

木道は毎年少しづつ新しいものに取り替えられます。
昨年取り替えられて新しい木道です。

Dsc_4416slkn_

ここから龍宮小屋まではあと少しです。
小屋に荷物を置いて夕景の撮影に出かけます。

Dsc_4455slkn_

先程通った新しい木道が夕日に映えて印象的でした。

Dsc_4463slkn_

太陽は景鶴山の方に沈んでいきました。

Dsc_4474slkn_

残念ながら雲の影響で至仏山は赤く染まらなかったのですが、一日目の撮影が終りました。

Dsc_4479slkn_


二日目に続く

| | コメント (14)

より以前の記事一覧