2010年6月21日 (月)

梅雨にうたれて

東京が梅雨入りした日(14日)洗足池公園に花菖蒲と紫陽花を撮りに行きました。

5DMK2にタムロン90mmマクロ(ニコン用)を付けて、更にE-P1にはパナソニックの20mmF1.7パンケーキレンズを付けて傘をさしての撮影です。
家を出て見ると思ったより雨足が強くチョットひるみましたが強行しました。

思った通り花菖蒲の花びらには水滴が沢山付いて左手に傘、右手にカメラでの片手撮りです。

1)
Img_1696slkp_


2)
Img_1697slkp_


3)
Img_1698slkp_


立て続けに3枚撮ったら落ち着いたので前ボケの入るアングルを探しました。
4)
Img_1701slkp_


少し引いて
5)
Img_1706slkp_


カルガモさんも雨の中花を見に来ていました。
6)
Img_1707slkp_


並んだ水滴が面白い
7)
Img_1710slkp_


水滴をアップで
8)
Img_1716_1_


花全体を
9)
Img_1718slkp_


花びらを主体に
10)
Img_1725dpp_


傘はカメラが濡れない様にしていたので背中はかなり濡れてしまい、紫陽花の方はチョットだけ撮って引き揚げました。
11)
Img_1752slkp_


12)
Img_1748_1_


最後にE-P1+パナソニック20mmF1.7で撮ったものを載せます。
このレンズは絞り開放から安心して撮れます。
13)
P6142761_1_


| | コメント (8)

2010年5月26日 (水)

庭のバラ

庭に植えてあるバラが咲いたので撮らなければと思っているうちに盛りを過ぎてしまいました。
もう数日前になりましたが5Dmk2にタムロンの90mmマクロ(ニコン用)を付けて撮りました。
昭和記念公園のオフ会以来タチアオイさんご夫婦の花の写真を見て学習したつもりですが、やはりセンスの無いのはいかんともしがたく上手く撮れなくてがっかりしました。
家内が薔薇が好きなので庭の薔薇で飾れる様な写真を撮ってくれと頼まれていますが今回もダメでした。

もう10年くらい前に植えたツルバラですがこの花は蕾のときから花が開くにしたがって色が変わる種類のものです。
蕾から咲いたばかりのものです。
1)
Img_1691slkp_

開ききったらこうなります。
蕊が踊っている様に見えました。
2)
Img_1677_1_

もう少しアップで
3)
Img_1695_1_


別の花を正面から
4)
Img_1693_1_

赤の四季バラも有りますが風でブレしまいボツになりました。

最後は鉢植えのミニバラです。
5)
Img_1686slkp_


| | コメント (8)

2010年5月 6日 (木)

洗足池の花々

5月1日洗足池を半周して咲いている花々を撮ってきました。

E-P1+プラナー50mmF1.4手持ちです。

最初は洗足池に行く途中、毎年見事な藤の花を楽しませて貰っている洗足池に隣接している家の藤の花です。

1)
P5012622_1_

洗足池では最初に勝海舟夫妻のお墓を撮りました。
篤姫、竜馬伝と活躍している割りにはここにお墓がある事はあまり知られて無いようで静かです。
1-2)
P5012629slkp_


勝海舟夫妻の墓所のまわりにはシャガやアヤメ、ツツジが咲いています。
2)
P5012623_1pse_

これもアヤメだと思うのですが何という品種なのか良く分かりません。
3)
P5012624_1_

構図を考えて撮ったつもりですがやはりイマイチです。
4)
P5012627slkppse_

前ボケを入れてと思ってもセンスの無さはどうしようもありません。
5)
P5012630_1_

水辺に行ってみると葦の新緑が目に入りました。
6)
P5012635_1_
やはり私はこういう撮り方が合っているようです。

正真正銘のアヤメが早くも咲いていました。
7)
P5012636_1_

真上から
8)
P5012637_1_

弁天島のレンゲツツジが満開になっていました。新緑と青空の三色を意識しました。
9)
P5012642_1_

弁天島では新しく水辺にツツジが植えられたのでツツジとボートを撮ってみました。
10)
P5012640_1_

11)
P5012644_1_

水辺のシャガです。
12)
P5012648_1_

北側の岸辺には山吹が咲いています。
13)
P5012649_1_2

ここの山吹は八重です。
14)
P5012652_1_

ウバメガシが綺麗なピンクの花を付けていました。
15)
P5012654_1_

昨年はキショウブがいたるところに咲いていましたが、これからかもしれないし、植え替えられたかもしれません。
カキツバタも未だ見かけません。

5日に廻ってみたらキショウブもカキツバタも密かに咲いている所を見つけました。


| | コメント (11)

2010年4月13日 (火)

昭和記念公園オフ会その2

前回はE-P1+パナライカVE14-150mmで撮ったものを出しましたが、その2は5Dmk2で撮ったものを載せます。

こちらは三脚に載せほとんどライブビューで撮りました。
午前中はコシナのプラナー50mmF1.4ZFで撮りました。

このレンズはあまり寄れないのですが開放で撮ると独特のボケが面白いので使っています。
でもあまり上手くは撮れなかったのですが折角撮ってきたのでこのレンズがどんな写りなのかと言う事で載せたいと思います。

最初はチュウリップです。
1)
Img_1625slkpt_


「控えめな私」というタイトルをつけてみました。
2)
Img_1626slkpt_


レッド ライティング フッドという名前のチュウリップだそうです。
3)
Img_1628slkp_


白い花びらにふりふりのついたチュウリップです。(これはF2.8に絞りました)
このチュウリップの名前は見るのを忘れていました。
4)
Img_1643slkpt_


絞り開放のものを追加しました。
4-2)
Img_1644slkp_

マウントフッドという種類のムスカリだそうです。
5)
Img_1631slkpt_

午後からはタムロン90mmF2.8マクロ(ニコン用)をつけました。
ムスカリに止まっているミツバチです。
6)
Img_1653slkpt_


単なるムスカリです。(笑)
7)
Img_1657slkp_


「白雪姫と7人の小人」というタイトルをつけてみました。(チョット無理があるタイトル?)
8)
Img_1658slkpt_


菜の花を前ボケにして桜を撮りました。
9)
Img_1665slkppse_

帰り道もう一度チュウリップを撮りました。
10)
Img_1674slkp_


11)
Img_1676slkp_


晴天に恵まれ桜も満開のピークで、チュウリップ、ムスカリ、ムラサキハナナ、菜の花と競い咲き実に素晴らしい一日でした。
このオフ会を企画されたタチアオイさん、とんとんさんまた参加された皆様有り難うございました。

| | コメント (12)

2010年4月10日 (土)

昭和記念公園オフ会

4月8日(木)とんとんさん、タチアオイさん、よひらさん、Anchanさん、yoshi-mさんと私の6人でオフ会をしました。

とんとんさん以外は初めてお会いする方々です。
タチアオイさんはGANREFでとんとんさん経由で知り合った、いつも素敵な作品を載せておられ、常々花マクロの名人と思っている方です。

タチアオイさんのご主人のよひらさんと、タチアオイさんのお友達のAnchanさん、yoshi-mさんはこのオフ会でブログやGANREFのアドレスを教えて頂きました。
昭和記念公園という素晴らしい花園で大変楽しいひと時を過ごさせて頂きました。

皆様有り難うございました。

私は昭和記念公園は初めてで機材は何を持っていくか迷いましたが、

5Dmk2とプラナー50mmF1.4ZFとタムロン90mmF2.8マクロ(ニコン用)
E-P1とパナライカVE14-150mm
三脚
を持っていきました。

今回はE-P1+VE14-150mmで撮ったものを載せます。

最初に目についたのは鮮やかなチュウリップとムスカリでした。
ムスカリは川の流れの様に見えました。
1)
P4082478slkp_

2)
P4082475slkp_

チュウリップも沢山の種類が有りました。
3)
P4082550slkp_


上手く撮れない分はE-P1のアートフィルター「ファンタジックフォーカス」でごまかしました。(笑)
4)
P4082476ops_

ムラサキハナナと桜です。(おや誰か写っていますね)
5)
P4082490slkp_

これもアートフィルター「ライトトーン」を適用してみました。
6)
P4082487ops_

タチアオイさんに多重露光の使い方を教えて頂きました。
初めての多重露光がこんなに上手くいくとは思いもよりませんでした。
7)
P4082495slkp_

ここには広大な芝生の広場が有ります。
青空と遠くの桜、大きな一本の木、孫を連れてきたら喜ぶだろうなと思いました。
8)
P4082520slkp_

これも誰か写っていますね。アートフィルター「ポップアート」使用しています。
9)
P4082522ops_

アートフィルター「トイフォト」使用しています。
10)
P4082521ops_

アートフィルター「デイドリーム」使用しています。
11)
P4082523ops_

最後は一面の菜の花と桜です。
12)
P4082541slkp_

縦構図で
13)
P4082540slkp_

昭和記念公園の広さと一面の花に圧倒された一日でした。
次回は5Dmk2で花のアップのものを載せます。(これは苦手なのであまり期待しないで下さい)


| | コメント (14)

2010年3月 6日 (土)

いけばな展

親友の奥様が生け花の「華道創美」の家元で、いけばな展の招待状を頂いたので、家内と見に行きました。

3月3日から8日まで玉川高島屋で行われている日本華道連盟主催の「第5回時代を彩るいけばな百花繚乱展」です。
http://www.takashimaya.co.jp/tamagawa/event2/index.html

このいけばな展は日本華道連盟の22もの流派の家元や家元級の方が同じ花をテーマに作品を展示しています。
家内がバラが大好きなのでバラがテーマの4日に行きました。

カメラはE-P1にED25mmF2.8を持っていき写真を撮ってもいいという事だったので撮ってきました。
生け花は全くの素人なので自分なりに気に入った物を撮りましたが、背景や照明が写真には難しい状況で苦労しましたが、またまたデジブックにまとめましたのでご覧下さい。

華道創美については
http://www.yo.rim.or.jp/~jp-kadou/shokai/ryuha/ryuha15.htm

展示を見た後、家元(会長)と3人でお茶をして3年前に亡くなった親友の思い出話を聞いて、その後の苦労にも負けず元気一杯活躍されている様子に、反対に元気を貰って帰りました。

| | コメント (10)

2009年9月13日 (日)

彼岸花

今年は1週間位早く洗足池桜山の彼岸花が咲きました。

早速E-P1にプラナー50mmF1.4ZFを付けて撮りに行きました。

設定を間違えて全て極端な露出不足になってしまいました。
撮る時は通常の明るさなのに撮った後の再生は暗くてよく見えません。
モニターの明るさ調整を最大にしても心持ち明るくなる程度なので再生の時だけモニターが故障したと思いました。
帰ってから他のSDを再生すると普通に明るい画面なのでそこで初めて極端な露出不足に気がつきました。

現像時に+3の増感をしてどうにか見れる様にしていますがノイズが多い写真になってしまいました。

先ずはここでは毎年咲く珍しい色の彼岸花です。
1)
P9110658slkp__2

2)
P9110663slkp__2

次に白い彼岸花です。
3)
P9110665slkp__2

4)
P9110664slkp__2

彼岸花はやはり赤い曼珠沙華ですね。
5)
P9110667slkp__2

6)
P9110669slkp__2

これは絞りF1.4の開放で撮っています。
7)
P9110670slkp__3

この時期近くにヤブランが咲くので毎年撮っています。
8)
P9110671slkp_

ここまではSILKYPIXでの現像です。

OLYMPUS Studio2を使ってアートフィルターを適用して見ました。
1)のファンタジックフォーカスです。
9)
P9110658ols_

5)のファンタジックフォーカスです。
10)
P9110667ols_

6)のトイフォトです。
11)
P9110669olstf_

ライトトーンです。
12)
P9110669olslt_

デイドリームです。
13)
P9110669olsdd_

極端な露出不足の原因が分かりました。
私はどのカメラもスポット測光を使っていますが、E-P1にはスポット測光の他にスポット測光HIとスポット測光SHというのが有って、前の日の夜スポット測光の範囲設定かなと勘違いしてSHに設定していました。
取説調べてみたら
HIは スポット測光ハイライトコントロール
測光したポイントの露出がオーバーになるように設定します。白い被写体を白く表現したいときに使います。
測光範囲はスポット測光と同じです。
SHは スポット測光シャドウコントロール
測光したポイントの露出がアンダーになるように設定します。黒い被写体を黒く表現したいときに使います。
測光範囲はスポット測光と同じです。

取説調べないで勝手にSHが一番スポット範囲が狭いだろうと解釈した私の失敗でした。

| | コメント (8)

2009年6月25日 (木)

花菖蒲と紫陽花

もう10日ほど前ですが今日こそ花菖蒲と紫陽花を撮らないと終わってしまうと早起きして撮りに出かけました。

5Dmk2にプラナー50mmF1.4ZFを付けて三脚・ライブビューです。
プラナー50mmF1.4は開放では被写界深度が狭くライブビューでの拡大してのピント合わせが物凄く有効でした。

このレンズの開放での写りはシャープさには欠けますがボケが独特で面白いです。
同じ被写体を絞りを変えて撮ってみました。

1)
絞りF1.4の写りです。

Img_0306slkp2_


2)
絞りF2の写りです。
一段絞るだけでこれだけシャープになります。

Img_0307slkp2_


それでも絞り開放のボケによる面白さを求めて色々撮影してみました。

3)

Img_0304slkp_


4)

Img_0305slkp_


5)

Img_0311slkp_


勝海舟のお墓の周りは昨年改修されて車椅子でも参拝出来るようになりました。
植え込みも整理されて寂しくなってしまいましたが、紫陽花は残されて洗足池では一番綺麗に咲いています。
このレンズはあまり寄れないのですが、5Dmk2の高画素数を利用してトリミング前提で撮るのも好きな使い方です。

6)
横位置で撮ったものを縦位置にトリミングしています。

Img_0329slkpt2_

7)
絞り開放で横位置で撮ったものです。

Img_0330slkpt_


8)
ここには毎年白百合が咲きます。

Img_0335slkp_


9)
この花もよく見るのですが名前が分かりません。(ヒメヒオウギズイセンだそうです・・・やま帽子さんより)・・・・・やま帽子さん有り難うございました。
葉っぱがかぶっているのに気がつきませんでした。

Img_0337slkp_


10)
絞り開放の萼紫陽花です。

Img_0339slkpt_


11)
絞りF2.8の萼紫陽花です。

Img_0344slkpt2_


12)
絞り開放です。
この花も名前が分かりません。(ビヨウヤナギだそうです・・・やま帽子さんより)・・・・・やま帽子さん有り難うございました。
写真を撮っていると、いつも勝海舟のお墓を守ってお花を供えているおじさんがこの花は綺麗だけど一日と持たないんだよと言っていました。
多分お供えの花には適さないという意味だったようです。

Img_0351slkp_


13)
最後は池のほとりに咲いている紫陽花を前景にして洗足池を撮りました。
絞りF8です。

Img_0358slkp_

このレンズは絞りによる変化を楽しむ事が出来ます。
今までライブビューの無い時はファインダーでのピント合わせが難しく絞り開放はなかなか使えなかったのですが三脚+ライブビューで楽になりました。

絞り開放のボケも被写体によって面白い効果が出たり、単なるソフトフォーカスな写真だったりして使いこなすのは結構難しいですね。

| | コメント (14)

2009年4月14日 (火)

洗足池公園の桜

桜の時期は終わってしまいましたが、地元洗足池公園の桜もアップしておきたいと思います。

撮影は8日池上本門寺の前と後に撮ったものです。

花見客のピークが過ぎて平日という事も合って子供たちの遊び場が漸く復活した感じでした。

撮影はD700+タムロン28-300mm(A061)です。

桜の散る中での子供たちの遊ぶ様子です。

1)

Dsc_3479slkp_

平日ということもあって女性花見客がゆったりと楽しんでいる様子でした。

2)

Dsc_3481slkp_


若いお父さんらしき人もいますね。

3)

Dsc_3482slkp_


時折風が吹くと花吹雪になりますが撮るのは難しいですね。

4)

Dsc_3487slkp_


もう一部葉桜になっています。

5)

Dsc_3490slkp_


枝垂桜の方は丁度満開でした。
枝垂桜は向こう岸に見えているのもふくめて若い木しか有りませんが無事大木になるのが楽しみです。
桜の下のコンクリートの壁は洗足池の秘密兵器です。
今年もこれが機能してくれるといいのですが今のところ兆候が見られなくて残念です。

6)

Dsc_3494slkp_


さて5時間後池上本門寺の帰り再び今度はレンズをプラナー50mmF1.4似付け替えて撮りました。
駅前の歩道橋からです。
ここにも若い枝垂桜が有ります。

7)

Dsc_3565slkp_


今度は池の西側の公園に行きました。
地面に落ちた花びらと桜の木と池を上手に構図して撮りたかったのですが60%位の出来です。

8)

Dsc_3568slkp_


ここにも枝垂桜があり出来るだけ近寄って更にトリミングしています。
このレンズのトリミングマクロは好きで時々利用します。

9)

Dsc_3571slkpt_

洗足池の枝垂桜だという証拠には池を入れないとと思って撮りました。

10)

Dsc_3574slkp_

丁度うまい具合に桜と池と人物の配置が撮れたと思い気に入った写真になりました。

11)

Dsc_3575slkp_


西側の枝垂桜を前景にして撮りました。
もうチョットボートが出ていたら良かったですね。

12)

Dsc_3577slkp_


半周して桜の木の向こうに沈む太陽を撮りました。

13)

Dsc_3589slkp_

何とか桜と分かる様に修正しましたが、露出ブラケットで撮ってHDR写真にしたい所です。
HDRはまだ試した事が無いのですがソフトを探そうかなと思いました。

| | コメント (20)

2009年4月10日 (金)

池上本門寺の桜

8日桜はピークを過ぎそろそろ限界かなと思い、やはり証券会社のセミナーの終わった後池上本門寺に行ってきました。

D700にタムロン28-30mm(A061)を付けて、プラナー50mmf1.4ZFも持っていきました。

池上駅を下りて本門寺通りを歩いて行くとやがて総門と石段、三門が見えてきます。
桜の季節はこの眺めが一段と華やかになります。

1)

Dsc_3501slkp_


加藤清正公が400年前に寄進した96段の石段を登ると右側に、宗祖七百遠忌記念として昭和58年富山県新湊市の黒谷美術株式会社より奉納された日蓮聖人像が桜に囲まれて建っています。

2)

Dsc_3506slkp_


三門の脇に立つ珍念さん、桜を絡めるのはこのアングルしか有りません。

3)

Dsc_3507slkp_


そして今日の本命、五重塔と桜の対比です。
三門の方からは順光なので空も青く写りました。(少し強調してありますが)
カメラの向きをこれより下げると車や人が写ります。

4)

Dsc_3510slkp_


上を見ながらもう少し近づいて撮ります。

5)

Dsc_3512slkp_


更に近づくとこんなアングルになりました。

6)

Dsc_3516slkp_


7)

Dsc_3518slkp_


池上会館への道からの写真も定番になっています。

8)

Dsc_3520slkp_


こちら側からは逆光になるのでハイキーに撮りました。

9)

Dsc_3528slkp_


池上会館屋上の展望台からの五重塔も定番ですがはずせません。

10)

Dsc_3531_1_


桜が一番多く写る様に撮るとこんな具合です。

11)

Dsc_3537_1_


カラスの配置を考えながらもう少しアップで撮ります。

12)

Dsc_3541slkp_


この他にも墓地の中の細い道からとか撮りましたが逆光のため空が飛んで面白くなく、午前中に来ないとダメのようでした。

やはり印象的な写真を撮るには早朝にでも来ないとダメなようです。

折角プラナー50mmF1.4を持ってきたので枝垂桜を撮りました。
ここからはD700+プラナー50mmF1.4ZFです。

13)

Dsc_3549slkp_


14)

Dsc_3551slkpt_


最後は見た事もない白い花が咲いていて枝に利休梅という札が下がっていました。
後で調べてみたら茶人が好むバラ科の花だそうです。

15)

Dsc_3559slkpt_

| | コメント (8)

より以前の記事一覧