公園

2010年7月23日 (金)

洗足池の灯籠流し2010

毎年7月16日は洗足池で灯籠流しが行われます。
何時も気がついた時は終わっていたりして残念に思う事があったので今年は忘れない様に気をつけて、始まる前に出かけて来ました。

細かい説明は2007年の灯籠流しをご覧下さい。

http://senzokuike-bs.cocolog-nifty.com/blog/2007/07/post_3e8c.html

今年は月が綺麗だったので月と灯籠が一緒に写せる場所から撮る事にしました。
撮影機材はD700+タムロン28-75mmF2.8手持ちです。

洗足池に着いた時もう既に灯籠を載せたボートが浮かんでスタンバイ状況でした。
1)
Dsc_6027slkp_

花火の合図と共に各ボートから灯籠が一斉に水面に浮かべられます。
2)
Dsc_6032slkp_

水面に灯籠がどんどん浮かべられていきます。
3)
Dsc_6037slkp3_

4)
Dsc_6038slkp2_

風向きが悪いのか残念ながら灯籠がこちらには流れて来ないのでこの写真を撮った後場所を変える事にしました。
5)
Dsc_6060slkp_


八つ橋の上は見物の人達で賑わっていました。
さすがのD700も人が見える様に持ち上げたらノイズだらけになりました。ISOは6400です。
6)
Dsc_6076slkp_

弁天島から洗足池駅方面のビル群を背景に撮りました。
7)
Dsc_6087slkp_

最後は水辺に流れてきた灯籠です。
8)
Dsc_6094slkp_


灯籠はこの一年間に亡くなった人の霊を送るお盆の送り火の行事ですが一つ1000円で誰でも申し込みが出来るそうです。

| | コメント (14)

2010年6月21日 (月)

梅雨にうたれて

東京が梅雨入りした日(14日)洗足池公園に花菖蒲と紫陽花を撮りに行きました。

5DMK2にタムロン90mmマクロ(ニコン用)を付けて、更にE-P1にはパナソニックの20mmF1.7パンケーキレンズを付けて傘をさしての撮影です。
家を出て見ると思ったより雨足が強くチョットひるみましたが強行しました。

思った通り花菖蒲の花びらには水滴が沢山付いて左手に傘、右手にカメラでの片手撮りです。

1)
Img_1696slkp_


2)
Img_1697slkp_


3)
Img_1698slkp_


立て続けに3枚撮ったら落ち着いたので前ボケの入るアングルを探しました。
4)
Img_1701slkp_


少し引いて
5)
Img_1706slkp_


カルガモさんも雨の中花を見に来ていました。
6)
Img_1707slkp_


並んだ水滴が面白い
7)
Img_1710slkp_


水滴をアップで
8)
Img_1716_1_


花全体を
9)
Img_1718slkp_


花びらを主体に
10)
Img_1725dpp_


傘はカメラが濡れない様にしていたので背中はかなり濡れてしまい、紫陽花の方はチョットだけ撮って引き揚げました。
11)
Img_1752slkp_


12)
Img_1748_1_


最後にE-P1+パナソニック20mmF1.7で撮ったものを載せます。
このレンズは絞り開放から安心して撮れます。
13)
P6142761_1_


| | コメント (8)

2010年5月 6日 (木)

洗足池の花々

5月1日洗足池を半周して咲いている花々を撮ってきました。

E-P1+プラナー50mmF1.4手持ちです。

最初は洗足池に行く途中、毎年見事な藤の花を楽しませて貰っている洗足池に隣接している家の藤の花です。

1)
P5012622_1_

洗足池では最初に勝海舟夫妻のお墓を撮りました。
篤姫、竜馬伝と活躍している割りにはここにお墓がある事はあまり知られて無いようで静かです。
1-2)
P5012629slkp_


勝海舟夫妻の墓所のまわりにはシャガやアヤメ、ツツジが咲いています。
2)
P5012623_1pse_

これもアヤメだと思うのですが何という品種なのか良く分かりません。
3)
P5012624_1_

構図を考えて撮ったつもりですがやはりイマイチです。
4)
P5012627slkppse_

前ボケを入れてと思ってもセンスの無さはどうしようもありません。
5)
P5012630_1_

水辺に行ってみると葦の新緑が目に入りました。
6)
P5012635_1_
やはり私はこういう撮り方が合っているようです。

正真正銘のアヤメが早くも咲いていました。
7)
P5012636_1_

真上から
8)
P5012637_1_

弁天島のレンゲツツジが満開になっていました。新緑と青空の三色を意識しました。
9)
P5012642_1_

弁天島では新しく水辺にツツジが植えられたのでツツジとボートを撮ってみました。
10)
P5012640_1_

11)
P5012644_1_

水辺のシャガです。
12)
P5012648_1_

北側の岸辺には山吹が咲いています。
13)
P5012649_1_2

ここの山吹は八重です。
14)
P5012652_1_

ウバメガシが綺麗なピンクの花を付けていました。
15)
P5012654_1_

昨年はキショウブがいたるところに咲いていましたが、これからかもしれないし、植え替えられたかもしれません。
カキツバタも未だ見かけません。

5日に廻ってみたらキショウブもカキツバタも密かに咲いている所を見つけました。


| | コメント (11)

2010年4月13日 (火)

昭和記念公園オフ会その2

前回はE-P1+パナライカVE14-150mmで撮ったものを出しましたが、その2は5Dmk2で撮ったものを載せます。

こちらは三脚に載せほとんどライブビューで撮りました。
午前中はコシナのプラナー50mmF1.4ZFで撮りました。

このレンズはあまり寄れないのですが開放で撮ると独特のボケが面白いので使っています。
でもあまり上手くは撮れなかったのですが折角撮ってきたのでこのレンズがどんな写りなのかと言う事で載せたいと思います。

最初はチュウリップです。
1)
Img_1625slkpt_


「控えめな私」というタイトルをつけてみました。
2)
Img_1626slkpt_


レッド ライティング フッドという名前のチュウリップだそうです。
3)
Img_1628slkp_


白い花びらにふりふりのついたチュウリップです。(これはF2.8に絞りました)
このチュウリップの名前は見るのを忘れていました。
4)
Img_1643slkpt_


絞り開放のものを追加しました。
4-2)
Img_1644slkp_

マウントフッドという種類のムスカリだそうです。
5)
Img_1631slkpt_

午後からはタムロン90mmF2.8マクロ(ニコン用)をつけました。
ムスカリに止まっているミツバチです。
6)
Img_1653slkpt_


単なるムスカリです。(笑)
7)
Img_1657slkp_


「白雪姫と7人の小人」というタイトルをつけてみました。(チョット無理があるタイトル?)
8)
Img_1658slkpt_


菜の花を前ボケにして桜を撮りました。
9)
Img_1665slkppse_

帰り道もう一度チュウリップを撮りました。
10)
Img_1674slkp_


11)
Img_1676slkp_


晴天に恵まれ桜も満開のピークで、チュウリップ、ムスカリ、ムラサキハナナ、菜の花と競い咲き実に素晴らしい一日でした。
このオフ会を企画されたタチアオイさん、とんとんさんまた参加された皆様有り難うございました。

| | コメント (12)

2010年4月10日 (土)

昭和記念公園オフ会

4月8日(木)とんとんさん、タチアオイさん、よひらさん、Anchanさん、yoshi-mさんと私の6人でオフ会をしました。

とんとんさん以外は初めてお会いする方々です。
タチアオイさんはGANREFでとんとんさん経由で知り合った、いつも素敵な作品を載せておられ、常々花マクロの名人と思っている方です。

タチアオイさんのご主人のよひらさんと、タチアオイさんのお友達のAnchanさん、yoshi-mさんはこのオフ会でブログやGANREFのアドレスを教えて頂きました。
昭和記念公園という素晴らしい花園で大変楽しいひと時を過ごさせて頂きました。

皆様有り難うございました。

私は昭和記念公園は初めてで機材は何を持っていくか迷いましたが、

5Dmk2とプラナー50mmF1.4ZFとタムロン90mmF2.8マクロ(ニコン用)
E-P1とパナライカVE14-150mm
三脚
を持っていきました。

今回はE-P1+VE14-150mmで撮ったものを載せます。

最初に目についたのは鮮やかなチュウリップとムスカリでした。
ムスカリは川の流れの様に見えました。
1)
P4082478slkp_

2)
P4082475slkp_

チュウリップも沢山の種類が有りました。
3)
P4082550slkp_


上手く撮れない分はE-P1のアートフィルター「ファンタジックフォーカス」でごまかしました。(笑)
4)
P4082476ops_

ムラサキハナナと桜です。(おや誰か写っていますね)
5)
P4082490slkp_

これもアートフィルター「ライトトーン」を適用してみました。
6)
P4082487ops_

タチアオイさんに多重露光の使い方を教えて頂きました。
初めての多重露光がこんなに上手くいくとは思いもよりませんでした。
7)
P4082495slkp_

ここには広大な芝生の広場が有ります。
青空と遠くの桜、大きな一本の木、孫を連れてきたら喜ぶだろうなと思いました。
8)
P4082520slkp_

これも誰か写っていますね。アートフィルター「ポップアート」使用しています。
9)
P4082522ops_

アートフィルター「トイフォト」使用しています。
10)
P4082521ops_

アートフィルター「デイドリーム」使用しています。
11)
P4082523ops_

最後は一面の菜の花と桜です。
12)
P4082541slkp_

縦構図で
13)
P4082540slkp_

昭和記念公園の広さと一面の花に圧倒された一日でした。
次回は5Dmk2で花のアップのものを載せます。(これは苦手なのであまり期待しないで下さい)


| | コメント (14)

2009年11月25日 (水)

秋色の洗足池

洗足池も大分色づいて来たので撮りに出かけました。

E-P1とパナライカ14-150mmとZD70-300mmの28mm-600mm相当何でも撮れる軽量システムです。

最初に目についたのが蒲の穂です。
今の時期になるとソーセージの様な穂から綿毛が出て風に乗って飛んでいきます。
蒲団(ふとん)と言う字は昔この綿毛をふとんに使ったので蒲の字が使われているそうです。
綿毛の飛ぶ瞬間を狙って撮ってみました。

E-P1+VE14-150mm
1)
Pb211935slkp_

カワセミが来ていなさそうだったのでユリカモメを撮りました。
2)
Pb211952slkp_

今の時期杭の上はユリカモメが占領していてカワセミは完全に杭の上からは追い出されました。
でもユリカモメも追い出せない鳥がいますカワウです。
3)
Pb211957slkp_

次の瞬間池中のユリカモメ、ハトが一斉に飛び立ちました。
オオタカが来たのです。
平和そうに見える公園でもやはり野生の厳しさはあるのです。
スズメもさっと藪の中に避難します。
どうして全部がほぼ同時に飛び立てるのか不思議です。
その中でカワウだけは全く動じませんでした。

4)
Pb211958slkp_

紅葉を求めて弁天島に行ってみました。
そこにいた鳥撮りの仲間がオオタカがこの上を飛んでいたけど撮れなかったと言っていました。

5)
Pb211959slkp_

池の上に柿の木が突き出して柿の実だけが残っていました。
6)
Pb211969slkp_

メジロが来ました。
7)
Pb211971slkp_

レンズをZD70-300mmに取り替えている間にメジロは飛び去ってしまい、今度はスズメが来ました。
8)
Pb211977slkp_

弁天様の鳥居と紅葉をからめて見ました。
9)
Pb211981slkp_

池月橋の方に行ったらカワセミが木の中にいました。
後で写真見たらどういう訳か目が瞬膜になっているようでした。
水中では瞬膜になるのですが、これはまばたきした瞬間でしょうか。
10)
Pb211991slkp_

11)
Pb212004slkp_

12)
Pb212007slkp_

この後飛び去って見失ってしまいました。

| | コメント (10)

2009年9月15日 (火)

等々力渓谷

彼岸花を撮った後、東京23区内唯一の渓谷、等々力渓谷に行ってみました。

近いのでいつか行ってみたいと思っていましたが今回が初めてです。

今回もカメラはE-P1でレンズは14-42mmのキットレンズです。
彼岸花の時のままの設定ミスで大幅な露出不足を現像段階で明るくしていますのでノイズだらけです。

大井町線の等々力駅から道路に書いてある案内に従って1~2分程で等々力渓谷入り口に着きました。
入り口の階段を下りるとそこは別世界の渓谷でした。

1)
P9110675slkp_

長さ1Kmの渓谷ですが、歩いていてもひんやりとして鬱蒼とした樹林が両岸に覆い茂り、なるほど渓谷と言えると思いました。

2)
P9110678_1_

3)
P9110680slkp_

川岸や川底は人の手で整備されています。
4)
P9110686slkp_

暫く進むと不動の滝が有りました。
昔はこの滝の轟きが広がっていて等々力という地名になったそうです。
今でも細い流れが2条落ちていました。
驚いた事にそこの崖は湧き水がいたるところで苔を濡らして滴り落ちていました。
残念ながらここの写真は救済出来ませんでした。
滝の横にある稲荷堂と仏像です。

5)
P9110693_1_

6)
P9110694_1_

不動の滝の横の急な石段を登ると等々力不動尊です。
7)
P9110700_1_

8)
P9110707_1_

9)
P9110702_1_

ここには舞台があって渓谷を覆っている樹林が眺められます。
桜の季節には上から見る桜がみごとだそうです。
10)
P9110705_1_

不動尊から渓谷に下りて更に進むと不動尊と反対側に日本庭園が有ります。
11)
P9110710_1_

12)
P9110713_1_

13)
P9110715_1_

この後今来た渓谷を駅の方にに引き返しました。
14)
途中こんな細い道もありすれ違う時はどちらかが止まって待つ場面も有りました。
P9110721_1_

桜と紅葉の名所でも有る様なのでその頃又来てみたいと思いました。

| | コメント (10)

2009年8月 3日 (月)

洗足小池(小池公園)

オリンパスのE-P1購入後、お散歩カメラにはE-P1を持って出ます。

折角なのでOM-2Nと並べて記念写真を撮りました。
バックの後光はソフトで付けています。
先日亡くなられたオリンパスペン、OM-1等の開発者米谷氏の輝かしい偉大な功績の後光です。
デジタルのペンE-P1の発売直後にそれを見届けられて亡くなられたのは一つの時代が終わって新しい
時代の幕開けを象徴している様に思いました。
米谷氏のご冥福をお祈り致します。

1)

Dsc_4781slkph2_

さて昔から千束郷の大池に対して小池と呼ばれた池が有ります。
数年前までは釣り堀になっていましたが、釣り堀が廃業になったあと大田区が整備して今年の4月
小池公園として誕生しました。

洗足池からは歩いて15分位でしょうか。
7月26日、E-P1持って散歩がてら行ってみました。

洗足池が一周1.2Kmに対して小池は400mということです。

2)
オリンパスブルーを意識して撮ってみました。
P7260066slkp_

3)
ここにはアスレチック複合遊具が有ります。
P7260071slkp_


ここの散策路は車椅子に対応してバリアフリーになっています。
4)
P7260072slkp_


5)
P7260073slkp_


橋を渡ると両側にお花が植えられた道となります。
6)
P7260074slkp_


小池の大きな特徴はこの親水ゾーン(杭の範囲内)が有り子供たちが池に入って水遊びが出来ます。
7)
P7260078slkp_

ここにはギンヤンマも見かけました。
シオカラトンボが止まっていたのでMFアシストで7倍に拡大してピントを合わせました。
8)
P7260087slkp_


動画も撮りましたがそんな時に限ってシオカラ君は止まったまま全く飛び立ちません。
それでボツにしました。(笑)

夕日が見れそうだったので急いで洗足池に戻りました。
9)
P7260108slkp_


チョット雲が少なかったのですがなかなか味のある雲です。
10)
P7260111slkp_


沢山飛んでいるトンボが画面に入るのを待ってシャッターを切りました。
11)
P7260115slkp_


一番赤みのある所を42mmで切り取って見ました。
84mm相当の画角ですからかなり望遠になります。
12)
P7260120slkp_


先程の雲は分解してこんな風になりました。
13)
P7260126slkp_

最後は全くインパクトが無いですけど月と飛行機と鴨を画面に入れていいのが撮れたと思ったのですが、え、何処に写ってんのと言う感じでした。
14)
P7260128slkp_


この後更に赤くなることもあるので油断は出来ないですが、見切りを付けて帰宅しました。
E-P1のRAWをSILKUPIXで現像していて気がついたのですがこのカメラのAWBは優秀なのではないか
と言う事です。
いつも夕焼けの写真はWBをイメージに合わせていじるのですが、今回はカメラが設定したものが一番
良かったからです。


| | コメント (14)

2009年7月22日 (水)

洗足池の灯籠流し2009

7月16日2年振りに洗足池の灯籠流しに行ってみました。

しかい今回は行ったのが遅過ぎたのと、風が強く灯籠が全部岸に流され、また消えてしまうのも多くいい写真は撮れませんでした。

毎年洗足池の御松庵妙福寺で行われている行事ですが、どうも7月のお盆というのは実感が無くいつも忘れています。

行った時はもう岸に吹き寄せられている状態でした。

D700+タムロン28-75mmF2.8です。
1)

Dsc_4741slkp_


2)
Dsc_4743slkp_


3)
Dsc_4746slkp_

レンズをAF-S VR70-300mmに変えました。
4)
Dsc_4757slkp_


5)
Dsc_4758slkp_


この後は洗足池の夜景という視点に変えて撮りました。

6)
Dsc_4764slkp_


7)
池の北側から洗足池駅方面の夜景です。
Dsc_4768slkp_

8)
洗足池に唯一流れ込む小川からです。
Dsc_4769slkp_


9)
D700とはいえISO6400はチョット厳しいです。(NX2で現像すればもう少しいいかなと思います、これはSILKYPIXです)
Dsc_4770slkp_


10)
私の定番撮影ポイントからの夜景です。(ISO1000)
Dsc_4774slkp_


11)
300mmで切り取ってみました。(ISO900)
Dsc_4775slkp_

2007年の時の灯籠流しは下記です。

http://senzokuike-bs.cocolog-nifty.com/blog/2007/07/post_3e8c.html

| | コメント (2)

2009年5月 8日 (金)

お台場

港区台場1-1-1にある高層住宅の27階のベランダに立つ機会が有りました。

どんな景色が見えるのか興味津々でパナソニックのLX2と銀塩のOM-2を持って出かけました。

横長(16:9)の写真はLX2、普通の写真はOM-2にコダックのE100vsを入れて撮ったものです。

1)

ベランダはお台場海浜公園に面していました。

P1010636slkp_

2)

Img514slkp_

3)

四角い緑のところは台場公園です、右の方にレインボーブリッジが見えています。

P1010640slkp_

4)

Img517slkp_


5)

海上バス(水上バス。浅草〜お台場海浜公園)の発着場です。

P1010647slkp_


用事が終わってこの建物を出た後台場公園に行ってみました。

6)

台場公園へのアプローチは松の並木道になっていました。

P1010666slkp_


7)

台場公園の中は芝生になっていて何組かの人たちがくつろいでいました。

P1010674slkp_


8)

先程ベランダにいた建物は左側の建物です。

P1010679slkp_


お台場のいわれは

ペリー艦隊が来航して幕府に開国要求を迫る。これに脅威を感じた幕府は、江戸の直接防衛のために洋式の海上砲台を建設し、砲台は1854年にペリーが2度目の来航をするまでに一部は完成し、品川台場(品海砲台)と呼ばれた。

とのことです。

9)

砲台の跡です。レインボーブリッジの近代的な建築物と対照的ですね。

P1010681slkp_


10)

台場公園から見るレインボーブリッジです。

P1010689slkp_


11)

東京タワーも見えます。

Img525slkp_


ここの公園は昭和2年に東京市が建設し昭和3年に市民に開放されたとの事です。

12)

その碑が建っていました。碑が真っ黒になったのでHDR処理でかろうじて文字が見える様にしましたがチョットひどい写真になってしまいました。

Img532slkp1_hdrslkp__2

ここの景色を並べて見ます。

13)

Img533slkp_


14)

フジテレビの建物と羽田を飛び立つ飛行機が見えます。
八重桜も咲いていました。

Img539slkp_

15)

菜の花まで咲いていました。

Img541slkp_

16)

帰りはお台場海浜公園の砂浜を歩いて見ました。

Img543slkp_


17)

波もちゃんと寄せていました。

Img545slkp_


実はこの高層住宅に息子が5月16日に結婚したあと住む事になっています。

| | コメント (20)

より以前の記事一覧