フォトコンテスト

2010年7月 4日 (日)

嬉しい報告2点

1点は少し時間が経ってしまいましたが、5月分のアサヒカメラ.netの写真の殿堂で佳作入賞しました。
今回は組み写真で応募しました。
実の所は単写真では入賞が狙えるインパクトの有る作品が無かったためです。

http://www.asahicamera.net/sns/mvp/

オリジナルは以下の4点です。

「洗足池雪の朝」
1)
Img_1280dpp_


2)
Img_1309_1t2_


3)
Img_1314_1pse_


4)
Img_1351_1_


大山高プロの講評はこちらです。
http://www.asahicamera.net/sns/mvp/result201005/dendo_01.php

これで昨年11月から始まったアサヒカメラ.netの写真の殿堂7回の内写真の殿堂1回、佳作2回、入選1回となりました。


2点目は1カ月位前に大田区の広報課の方から電話があり、今度の「いきいき大田写真コンクール」の作品募集ポスターの作成にあたり私の昨年応募した作品を使用したいとのことでした。

そのポスターが出来上がり一昨日送って来ました。
7月13日から区設掲示板で掲示されるとの事でした。

5)
P7042905slkp_


オリジナル
6)
Dsc_2898slkp_

この作品はGANREFでもFeatured Photosに選ばれています。

このポスターが大田区設掲示板に掲示されたので記念に撮ってきました。
7)
P7243554slkp_


| | コメント (18)

2010年4月29日 (木)

アサヒカメラ.net「写真の殿堂」佳作

アサヒカメラ.netのフォトコンテスト「写真の殿堂」で先月2月分は入選でしたが、3月分は入選の一つ上の賞佳作になりました。

もっと早くそのことを載せる予定でしたが、島根県松江市に在住の母親(95歳)が肺炎で入院したとの電話があり昨日まで一週間帰郷していました。
幸いな事に大事には至らず容態も少し安定したので一旦帰ってきました。
留守の間に来たメールは220通に及び、その処理に一日を費やしました。

さて佳作となった作品は2005年8月に撮った作品でこのまま日の目を浴びずに眠らせておくのはもったいないと現像しなおして投稿したものです。

D70+ タムロンAF28-300mm(A061) にて撮影。

Dsc_1761slkp_
「小田代ヶ原に飛ぶトンボ」

選者大山高プロの講評は下記です。
http://www.asahicamera.net/sns/mvp/result201003/dendo_01.php

講評の中で「作者のどの写真からも漂う上質な品性は、OM1ユーザーさんの生き方そのものなのでしょう。」という言葉は褒め過ぎですが、これからも私が撮りたい作品の目標となる言葉として更に極めていければと思います。
なお写友のkurama-samuraiさんの「夕日と足跡」も入選しました。
kurama-samuraiさんおめでとうございます。!!

| | コメント (5)

2010年3月26日 (金)

アサヒカメラ.net「写真の殿堂」入選

アサヒカメラ.netのフォトコンテスト「写真の殿堂」で先月1月分はもう一歩というところでしたが、
2月分の発表があり入選する事が出来ました。

「写真の殿堂」は1枚しか投稿出来ないので鎌倉稲村ヶ崎で撮った中からどれを投稿するか
迷いましたが、敢えて富士山の写っていない下の写真を投稿しました。

カメラ:5DMarkⅡ レンズ:EF17-40mmF4 L

「砂浜のオーロラ」

Img_1587slkp_

アサヒカメラ.net「写真の殿堂」2月分は下記URLです。
ビューアで見る をクリックしてこの写真の解説を見るをクリックすると審査員大山先生の講評が出ます。

http://www.asahicamera.net/sns/mvp/

ワイドレンズの使い方が巧いと言われ喜んでいます。

大山先生の審査結果詳細は下記です。
この様に投稿者の他の写真、ブログまで見て審査の参考にされるフォトコンテストは今までに無い
新しいネットならではの新しいスタイルではないかと思います。
http://www.asahicamera.net/sns/mvp/result201002/dendo_01.php

| | コメント (16)

2010年2月24日 (水)

私の写真が採用されました

テレビ東京の方からコメントが入り、メールで連絡した所私のブログにある写真を使いたいという事でしたので、向こうから指定された写真2枚を提供しました。
昨日私の写真が使われる番組の放映予定がメールで連絡来ました。

テレビ東京の「ものスタMOVE」という主婦向けの情報番組で今回は池上を特集します。
その際に、池上梅園を訪れ「思いのまま」について触れるといった内容という事らしいです。
放映時間は2月26日(金)午前8時04分から8時56分までと言う事です。

提供した写真は

池上梅園

Dsc_0585slkp_

「思いのまま」という名前の一本の気に赤と白の花が咲く種類の梅です。
Dsc_0601slkp_

多分私の写真が出てくるのは一瞬だと思いますが
お暇な方は是非ご覧下さい。

もう一つはアサヒカメラ.NETの写真殿堂の一月分には入選出来ませんでしたが、もう一息という写真に選ばれました。
選者による講評は↓です。
http://www.asahicamera.net/sns/mvp/result201001/dendo_01.php

「初日の出を待つ」
Img_1100slkp_

この写真の殿堂の選者 大山高プロとはどうも相性がいいようなので今後も頑張りたいと思っています。

| | コメント (10)

2010年1月12日 (火)

いきいき大田写真コンクール表彰式

昨年に引き続いて大田区のいきいき大田写真コンクールで協賛賞を頂きました。
もう少し上の賞を狙っていましたが2作品が入選しそのうちの一つが協賛賞でした。

ところが昨年暮れに大田区役所の広報課の担当者から電話があり協賛賞の代表として壇上で記念品を受け取って欲しいという事でした。
そこで表彰式で記念品を受け取る所を写友の福宮さんに撮って貰うことをお願いしました。

以下の写真は福宮さんが5Dmk2+EF24-70mmF2.8Lで撮影されたものです。
1)
入選作品が展示してある前で記念撮影
Img_4271_

2)
作品展示の様子
Img_4274_

3)
Img_4276_

4)
表彰式で記念品を受け取っているところ
Img_4252_

5)
協賛賞の作品(カメラ:5Dmk2、レンズ:コシナ プラナー50mmF1.4ZF)
「枝垂桜の下で」
Dsc_3575slkpw4_

6)
入選作品(展示のみ)(カメラ:E-P1 レンズM.ZD14-42mm)
「金魚すくい」
P9050644slkpw4_

今回もいきいき大田という表題にマッチしたものが撮れず協賛賞止まりでしたが、昨年今年と2回審査委員長の写真家秋山亮二氏の講演を聞いてヒントを貰いましたので来年はもう少し上の賞が貰える様に頑張りたいと思います。
福宮さん長時間お付き合い下さいまして有り難うございました。

| | コメント (10)

2009年12月26日 (土)

写真の殿堂入り

昨日私にもクリスマスプレゼントが届きました。

老舗のカメラ雑誌「アサヒカメラ」が先月webサイトを開きましたが、そこで行われる月例コンテスト「写真の殿堂」に応募していましたが、昨日アサヒカメラ.netから11月の写真の殿堂に選ばれたとメールが来ました。

また佳作位かなと思って見たらどうも1番みたいです。

審査員も文句無しのほめ言葉、これは嬉しいですね。

アサヒカメラ.net

昔40年以上前アサヒカメラの月例コンテストには深夜お風呂場を暗室にして引き延ばした写真を何回か応募したのですが、かすりもしなかったのでレベルが高すぎると諦めた経験が有ります。
それだけに記念すべき第1回の写真の殿堂に大好きな尾瀬の写真で選ばれたと言う事は本当に嬉しいです。

写真の殿堂入り作品

「光る木道」
Img_0800slkp_

こんないい事があったので有馬記念当たるかもしれないですね。(笑)

| | コメント (32)

2009年1月10日 (土)

第21回いきいき大田写真コンクール表彰式

今日蒲田の大田区民ホールアプリコで「第21回いきいき大田写真コンクール」の表彰式と審査委員長秋山亮二氏による講演会が行われたので出席してきました。

14時からでしたが早めに行って230点の入選作品の展示発表会の中で自分の写真がどんな風に展示されているか、興味津々で見て来ました。

何しろこんな事は初めての経験ですし、区民ホールも初めてなのでチョット緊張気味でした。

それでも記念にアプリコの入り口等パナソニックのLX2で撮ってきました。
これは帰りに撮ったものです。

1)

P1010485slkp_

2)

P1010484slkp_


展示室は三部屋に渡ってあいうえお順に展示して有りました。

3)

P1010470slkp_

私の写真はあいうえお順ですので2番目の協賛賞でした。

4)

P1010473slkp_


大田区長の挨拶に続いていよいよ表彰式が始まり最優秀賞から順次表彰状と賞金が渡されていきました。
ちなみに最優秀賞1名、優秀賞5名、部門賞(観光、ものづくり、空港)3名です。

5)

P1010474slkp_


佳作(10名)と協賛賞(30名)については名前が呼ばれその場で起立し代表が前に出て表彰される方式でした。

まさか名前を呼ばれて立つとは思っていなかったので普段着で行ったのですが、もう少しいい服装していけば良かったと反省しました。

表彰式が終わると写真家秋山亮二氏の講演会ですが、上記49名の写真を順次スライドで写して撮影者と対話しながらどんな視点で撮る事が大切か約1時間半かけて有意義な話が有りました。

6)

P1010481slkp_


そして私の写真の番になりました。

洗足池の近くに住んでいる事などを質問に答えたりしたのは覚えているのですが、肝心の講評について何を言われたのかよく覚えていません。(笑)
鳥とか写っているともっと良かった様な事を言われたと思います。

7)

P1010483slkp_

協賛賞は記念品として木製の四つ切額縁を貰いました。

今回230点の入賞・入選作を見て、このコンテストの趣旨から風景写真での入賞は難しいかな、締め切りまでに何とかスナップの傑作を撮らなくてはと撮影意欲を燃やして区民ホールを後にしました。


| | コメント (18)

2008年12月23日 (火)

フォトコンテスト

大田区では毎年「いきいき大田写真コンクール」というのをやっていますが、応募するのには決められたDPE店で印画紙に四つ切りかワイド四つ切りにプリントして貰って、そのお店経由で応募と決められているため面倒でその気は有ったのですが一度も応募していませんでした。

今年はフィルムの現像で行く様になったお店のご主人と少し話をする様になったので思い切って応募してみました。

募集の趣旨がいきいき大田ですので、上位入賞を狙うのには大田区内で生き生きとした人物をいれたスナップ写真がいいのですけど、一応大田区内の風景もOKという事で2枚程洗足池の景色を応募しました。

その結果の通知があり、協賛賞という多分一番下のランクに入選しました。
入選作品は230点ということですので全然たいした事では無いですが、この230点は来年1月9日から13日まで蒲田の区民ホール(アプリコ)で展示されるとの事です。

入選作品

「洗足池雪景色」

カメラ:D300 レンズ:AF-S VR18-200mm

Dsc_0562slk3w4_


もう1点尾瀬フォトコンテストでは今回(第36回)3位に入賞しました。

今回の入賞作品には尾瀬の写真家新井幸人氏からアドバイスがありました。
「一幅の名画の趣があります」というコメントは私が目指しているものそのものなので大変嬉しく思いました。

http://www.tepco.co.jp/oze/photo/contest/result/vanno36-j.html


カメラ:5D レンズ:EF17-40mmF4L

Img_1199slk_

来年もフォトコンテストに応募出来る様な写真が撮れるといいなと思っています。

| | コメント (25)

2008年4月10日 (木)

尾瀬フォトコンテスト

皆様の支援のお蔭で第28回尾瀬フォトコンテストで一位をとる事が出来ました。

尾瀬は私の一番好きな場所、一昨年10月に30年振りに行って昨年5月にも雪の尾瀬ヶ原に行きましたが、今年も5月末に水芭蕉の季節に初めて行く事になりました。

尾瀬は雨の多い所でもあり10月に行った時は記録的な雨だったのですが、5月は快晴でした。
今度は天候に恵まれるかどうか分かりませんが行ける事自体が大変嬉しくて今からレンズは何を持っていこうかとワクワクしています。

2回の尾瀬行きの写真の中から時々尾瀬フォトコンテストに投稿してきましたが、今回の一位で一位2回、三位3回となりました。

それでは今回(第28回)の一位作品から

Dsc_1735slk_

D40+VR18-200mmにて撮影

昨年5月の早朝、日の出を撮るために山小屋を出たら満月が雪の尾瀬ヶ原を煌々と照らしそれは幻想的な景色でした。

その時撮った中の一枚はデジタルカメラマガジンで入選となりましたが、この写真は更に何分か後にいよいよ月が至仏山の稜線にかかる直前に撮ったものです。
95mm(142mm相当)で撮りましたが、ここの風景では望遠は200mm迄あれば十分だなとあらためて思いました。

次に第24回に三位となった作品です。

Dsc_3789r_

D200+VR18-200mmにて撮影

一昨年10月草紅葉の尾瀬ですが、かなり強い雨の中D200は頑張って くれました。
レンズは防塵・防滴では無いですが、マウント部分だけビニールとタオルで保護して撮りました。


次に第23回三位作品です。

Dsc_3737r_

D200+VR18-200mmにて撮影

これも草紅葉の尾瀬ヶ原で撮ったものです。
これは自分としては大変好きな写真です。
白樺の木と赤く紅葉した木、水草の黄葉、雨に霞む山、秋尾瀬の魅力一杯の写真かなと思っています。


次は第20回三位作品です。

Dsc_4479slkn_

D200+VR18-200mmにて撮影

これは昨年5月の時の第一日目至仏山と夕焼け雲の撮影です。

最後は第19回一位作品です。

Dsc_1761slkn_

D40+VR18-200mmにて撮影

昨年5月燧ケ岳から昇る朝日です。
雪のある時にしか行けない撮影ポイントですが、撮影ツアーの同行カメラマン講師の案内があればこそ行ける所です。
段々と燧ケ岳の向こうの空が赤くなってきてやがて一筋の光が指す瞬間、寒さも忘れて何枚も何枚もシャッターを切りました。
その中の一枚です。

今年の5月もこの日の出の撮影は有りますが、今回は木道をはずれる事は出来ないのでどんな撮影ポイントに連れて行って貰えるか楽しみです。
ダイヤモンド燧ですから頂上からの日の出の予定です。

尾瀬フォトコンテストのHPは↓です。

http://www.tepco.co.jp/oze/photo/contest/index-j.html

| | コメント (22)

2007年7月11日 (水)

堂々の一位

「竹内純子と歩く尾瀬」というサイトはご存じの方もいらっしゃるかと思います。

そこでは毎月尾瀬百景フォトコンテストが行われています。

そこに5月の連休に行った時の尾瀬の写真を初めて投稿しました。

サイトを見た人の投票によって順位が決まるのですが、

第19回の結果は二位の作品と熾烈な一位争いを演じ、と言ってもずーっと二位だったのですが
投票最終日になってどういう訳か逆転し4票の差を付けて一位を取る事が出来ました。

三位までは過去の作品が見れるのでそれに入ればいいなと思っていましたが、好きな尾瀬で撮った
写真が一位となりこんな嬉しい事はありません。

Dsc_1761slkn__1


カメラ NIKON D40
レンズ AF-S VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6 G(IF)
データ F11 1/640秒 ISO200 焦点距離 22mm 絞り優先 スポット測光
SILKYPIXにて現像 WB調整

竹内純子と歩く尾瀬

第20回にも写真を投稿しています。

皆様もご自分の審美眼でいいなと思う作品に投票されてみたらいかがでしょうか。
(投票は一回限りです)

決して私の作品に投票してくれとは申しておりません。(笑)

| | コメント (30)

より以前の記事一覧