« ぐるっと松江その2 | トップページ | ぐるっと松江デジブック版 »

2010年9月 3日 (金)

ぐるっと松江その3

松江城から宍道湖に向かって走り、しんじ湖温泉ホテル街の宍道湖畔に行きました。
湖岸の広い道路を出雲市方面に走り道路の途切れる所まで行ってみました。
そこから宍道湖の向こう側に見える故郷の山、旅伏山を撮りました。
正面の山が旅伏山です。左の山は三瓶山です。
1)
P8164047slkp_

この後今来た道を戻り向こう岸の一番右の夕日スポットまで走ります。
左はしんじ湖温泉ホテル街です。
2)
P8164050slkp_

この道のホテル側は公園になっていますが、そこに小泉八雲の怪談の中に出てくる耳なし芳一の像が有りました。
光が降り注ぎ怪談の雰囲気が出ていました。
3)
P8164062slkp_

宍道湖大橋を渡って県立美術館迄来ました。
そこで見つけたのが宍道湖うさぎです。
4)
P8164075slkp_

12羽のうさぎがぴょんぴょん跳びはね、最後に宍道湖を眺めています。
この時は知らなかったのですが、
前から2番目のうさぎを西を向いて触ると幸せが訪れるといううわさで人気になっていて、さらに宍道湖名物“しじみ”を供えると効果がアップすると言われているのを県立美術館のHPで知りました。
写真を見たら丁度女性が二人来て2番目のうさぎを触っていました。

5)
P8164078_1_

ここにはこんなモニュメントも有りました。
左に嫁が島が見えています。
6)
P8164081_1_

大きな石の柱が有りました。
この様にして嫁が島を眺めるのかなと思いました。
7)
P8164085_1_

今度は見た事の有る像が建っていました。
8)
P8164088_1_

松江市出身の漫画家園山俊二が朝日新聞夕刊で連載していたペエスケの息子平太と犬のガタピシの像でした。
8)
P8164089_1_

湖の中に建っているのが袖師地蔵と石灰地蔵です。
袖師地蔵は江戸時代初期に、その昔嫁が島沖は難所で通過する船がたびたび遭難し、その水難者を供養する為に建てられたと伝えられているそうです。
昭和47年から今の場所にあるとのことです。

9)
P8164129slkp_

10)
P8164108slkp_

夕日スポットには季節毎に夕日が嫁が島に沈むポイントを示す掲示板が有りました。
11)
P8164115slkp_

まだ夕日までには時間が有ります。
嫁が島を光の中にいれて撮りました。
「姑にいじめられた嫁が、実家へ帰る途中に凍りついた宍道湖を渡り、氷が割れて溺れ死んだ若妻を哀れんだ神が、その亡骸を島と共に浮かび上がらせた」という有名な嫁が島伝説。
その雰囲気を現像段階で出してみました。
12)
P8164104slkppse_

日没の時刻が近づくと人が集まってきました。
13)
P8164175slkp_

14)
P8164225slkp_

いよいよ落日です。
15)
P8164196slkp_

16)
P8164205slkpt_

17)
P8164208slkp_

18)
P8164245slkp_

19)
P8164260slkp_

さすがに宍道湖の夕日・夕焼けは綺麗でした。
久し振りに充実した一日を過ごし満足しました。
ぐるっと松江・・・完

|

« ぐるっと松江その2 | トップページ | ぐるっと松江デジブック版 »

コメント

こんばんは。

松江シリーズどれも素晴らしいですね。
夕焼けに集まるカメラマンもすごいですね。
きっと名所なのでしょうね。

景色も素晴らしいですが色々と変わった建造物も多くて
見所が沢山ありますね。
そちらの方には行ったことがないのですがいつか行ってみようと思います(*^.^*)

投稿: とんとん | 2010年9月 4日 (土) 21時48分

おはようございます(^_^)

ぐるっと松江シリーズを
じっくりと観させていただきました。
行った事が無いところですが
遊覧船、宍道湖、、、
記事と写真で行った気分になれました(^_^)

夕日前の嫁が島伝説の雰囲気の写真はたまりません!
すごくカッコイイと思いました。

E-P1とキットレンズで夕日もこんなにきれいに写せるんですね、、、

投稿: | 2010年9月 5日 (日) 05時43分

おはようございます(^_^)
上の名無しのコメントは私です。
相変わらずのアワテンボウですみませんm(_ _)m

投稿: harada | 2010年9月 5日 (日) 05時44分

こんばんは(^o^)丿
お久しぶりですm(__)m
毎日、暑いですが元気にされてましたか?

さて、お写真を拝見しましたが12枚目が良いですね!!
まるで月明かりのような感じで最高です(^_^)
夕日も良いのかも知れませんが、私には落ち着いた雰囲気のこちらの方が好みです!!

今月は後輩と一緒に和歌山方面に遠征に行くのでついでに海の景色も時間があれば
撮ってみたいなぁと思っています(^^♪

投稿: ちゃむ | 2010年9月 5日 (日) 23時18分

>とんとん さん

山陰はこの松江の他出雲大社、足立美術館、一畑電車、石見銀山、ゲゲゲの女房の安来、境港、さらに大山、鳥取砂丘と見どころ沢山です。
その中で出来たら一畑電車に乗って雲州平田駅で下りて木綿街道の交流館になっている、国の登録有形文化財の本石橋邸(リンク貼ってあります)を訪れて欲しいなと思います。
私の祖父と父親はこの家で育っています。
退職後でも一度是非ゆっくり訪問されて下さい。

投稿: OM1ユーザー | 2010年9月 6日 (月) 07時01分

>harada さん

今年は4回も松江に行っていますが、漸く写真撮影の時間がとれました。
松江は私の育った所では無いですが、高校時代も地域一番の都会として一畑電車に乗って何回か行った事が有ります。
松江市は全国チェーン店の支店はほとんど有るし、スーパーを初め大型店が揃っていて東京より住みやすそうだなと思いました。
毎日宍道湖の夕日を撮りに行く生活も良かったかなと思ったりしました。

投稿: OM1ユーザー | 2010年9月 6日 (月) 07時29分

>ちゃむ さん

私の場合は暑い盛りはクーラーの中にいますので、猛暑と言う実感はあまりありません。
松江でのこの時が一番暑さを感じました。
宍道湖夕日スポットは日陰が無く早々と行ったので日没まで直接太陽の光を浴びて約2時間写真を撮っていました。
12)はその待ち時間の中で撮ったものです。

投稿: OM1ユーザー | 2010年9月 6日 (月) 09時07分

こんばんは
ご無沙汰しています。
先日は参加できなくて失礼しました。
ぐるっと松江シリーズを堪能させて頂きました。
40年前に自分も撮影した場所が出てきて、とっても懐かしい思いでした。
山陰は見所がたくさんありますね。
「だんだん」に引き続き「ゲゲゲの女房」の放映で一気に
人気が沸騰したようですが古き良きものは温存してほしいですね。
人気もその土地にとっては大切な観光資源なので何とも言えませんが。
しかし、ふるさとは良いものですね。

投稿: すなっぷ | 2010年9月 6日 (月) 21時01分

さすが夕日のスポットですね。
すばらしい写真です。
カメラマンも多い。

投稿: ironsky | 2010年9月 6日 (月) 21時55分

>すなっぷ さん

先日はお会い出来ないで残念でした。

私が故郷に住んでいたのは18才迄ですから写真に興味はあっても撮っていないので、故郷の景色を撮りたいと言う欲求は非常に強く有ります。
今回はそのうちの一つが解消されました。
但本当に撮りたい場所は自分が住んで遊んでいた場所なのでまだまだ欲求は解消されていません。
今は実家がそこに無いのでかなり難しいなと思っていますが何とか実現したいと思っています。
「だんだん」は松江でしたが、「ゲゲゲの女房」は安来が舞台になっていますので毎日見ています。

投稿: OM1ユーザー | 2010年9月 8日 (水) 06時46分

>ironsky さん

ここの宍道湖夕日スポットは2年くらい前に綺麗に整備されて、ライブコンサートなども行われる様です。
毎日写真撮りに来ている人が羨ましく思いました。

投稿: OM1ユーザー | 2010年9月 8日 (水) 06時54分

お早うございます。ご無沙汰しております。ありがとうございます。このたびの台風はコースはやばいと思ったのですが被害はほとんどなかったようです。雨が降ってくれてほっとしています。宍道湖の落日は素晴らしいですね。私もいつかチャレンジしてみたいです。

投稿: うー | 2010年9月 8日 (水) 11時08分

>うー さん

台風被害無くて良かったですね。
東京も久し振りに雨が降って植物にとっては恵みの雨でした。
萩から松江は距離的には近くても時間的にはかなりかかりそうですね。

投稿: OM1ユーザー | 2010年9月10日 (金) 06時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ぐるっと松江その2 | トップページ | ぐるっと松江デジブック版 »