« 梅雨明け前後の夕焼け(洗足池にて) | トップページ | ぐるっと松江その1 »

2010年8月 2日 (月)

芝公園・増上寺

7月21日みずほ証券1周年記念講演会を聞きにザ・プリンス パークタワー東京に行ってきました。
そう29日に市川海老蔵・麻央さんの披露宴のあったホールです。
その時は披露宴がそこであるとは思ってもいなかったので講演会が終わったらすぐ飛び出してその近辺を撮影しました。

こんな時持っていくカメラはE-P1+パナソニック20mmF1.7に限ります。

スカイツリーが人気ですが東京タワーもやはり存在感が有ります。
旧台徳院霊廟・惣門の仁王像と東京タワーです。
1)
P7213489_1_

台徳院霊廟は、寛永9年(1632)に造営されたもので、2代将軍徳川秀忠の廟所。芝の徳川家霊廟の中で、最も規模が大きく、地形の起伏を利用した壮麗な建築群を誇っていました。しかし、昭和20年(1945)の戦災に際して、罹災を免れたのはわずかに惣門、勅額門、御成門、丁字門のみでした。惣門が現地に保存され、それ以外の門は狭山不動寺(埼玉県)へと移築されて現存しているそうです。
2)
P7213482slkp_


3)
P7213487_1_

増上寺の方にも行ってみました。
4)
P7213493_1_


5)
P7213500slkp_


芝公園にはサルスベリが満開になっていました。
ここでレンズをOM用の35-105mmF3.5-4.5に変えて見ました。
6)
P7213512_1_

背景の建物は先程の惣門です。
7)
P7213513_1_


サルスベリの隣に咲いていた花です。名前は分かりません。
この写りならこのレンズ使えそうです。
このレンズは直進式のズームで70mm-210mm相当になりますのでポンとカバンに入れておけば重宝しそうです。
8)
P7213516_1_

最後に逆光ですが東京タワーを撮って地下鉄都営三田線「芝公園」から直通で目黒線「洗足」に帰りました。
電車に乗っている時間は21分、便利になったものです。
9)
P7213527_1_

|

« 梅雨明け前後の夕焼け(洗足池にて) | トップページ | ぐるっと松江その1 »

コメント

鳥写真展の開催まで、あと6ヵ月になりました
どうぞよろしくおねがいいたしますm(_ _)m

投稿: つむらやkyon | 2010年8月 3日 (火) 01時16分

こんにちは
新しい物と古き良き時代の建物がマッチして、
良い感じの夏の風景ですね。
東京タワーもいずれ古きよき時代を代表する物
になろうかとは思いますが、昭和の時代を支えてきて
日本の成長期の喜怒哀楽を眺めてきたつわものです。
OM1ユーザーさんの作品には、いつも
大切にしていかなければいけないものが満載です。

投稿: すなっぷ | 2010年8月 3日 (火) 10時56分

こんにちわ♪増上寺、何年か前に行きました。ちょうどその時結婚式を挙げた新婚さんがおっちゃったのを思い出します。

投稿: うー | 2010年8月 3日 (火) 15時09分

>つむらやkyon さん

今は野鳥をほとんど撮る機会が無いので在庫の中から選ぼうと思っています。
確か来月がその締め切りだと思ったのですが、その時は指示の方宜しくお願い致します。

投稿: OM1ユーザー | 2010年8月 5日 (木) 10時23分

>すなっぷ さん

東京タワーは昭和35年に受験で上京してきた時に、クラスの友達数人で登った思い出が有ります。
その頃上京すると言う事は家族や友達が駅まで沢山見送りに来て、今の海外に行くよりももっと大変な事でした。
私にとっては皇居前広場などより東京タワーが東京の象徴でした。
でもその後の50年間で東京タワーに登ったのは親戚を案内して登った1回だけです。(笑)

投稿: OM1ユーザー | 2010年8月 5日 (木) 10時55分

>うー さん

増上寺は徳川家の菩提寺だけあって大きなお寺ですね。
戦前はもっと凄かったという事ですので見たかったですね。
やはり戦争で失ったものは人命以外でも大きいのですね。

投稿: OM1ユーザー | 2010年8月 5日 (木) 11時11分

⊃`ノ二千ヮ...φ(´ー`*)
東京タワーに登ったのは、今日まで2回です~
見ることはあっても登ることはなかなかありませんね。
まだ、世の中が豊かでない時の象徴でしたね!
サルスベリが涼しそうに咲いていますね。
拝見していると小旅行をした気分になります~♪

投稿: タチアオイ | 2010年8月 5日 (木) 16時36分

あー、つむらやさんの借金の?催促がこちらにも。
今年はまったく撮れていないので夜逃げでもしようかと思ってます(笑)

台徳院霊廟と東京タワーのコラボとは今昔物語のようですねー。
そういえばスカイツリーも撮影してませんが、東京タワーも撮ったことがない私です(ーー;)

投稿: とんとん | 2010年8月 5日 (木) 22時34分

>タチアオイ さん

この東京タワーの出来た昭和33年、当時の皇太子の御成婚のあった34年から東京オリンピックのあった39年にかけて、テレビはあっと言う間に各家庭に入りましたね。
もっと貧しい時代を体験している私の年代では東京タワーは豊かさの象徴でした。(笑)

投稿: OM1ユーザー | 2010年8月 6日 (金) 07時06分

>とんとん さん

つむらやさんの写真展は初めてで私の写真で大丈夫なのかと不安も大きいですが、先輩としてアドバイス宜しくお願い致します。

スカイツリーも400mを越えましたね。
近代の今昔物語ですね、栄枯盛衰、東京タワーも地デジがスカイツリーに移ったら観光だけではメンテナンス費用を賄えられないので解体の話しも出ている様ですね。

投稿: OM1ユーザー | 2010年8月 6日 (金) 09時37分

お早うございます。 東京の新旧対照写真拝見しました。どちらも行った事がありません。 私みたいな田舎モノも珍しいのじゃないでしょうか。10年前羽田から金沢八景でしたか、それから鎌倉霊園。 東京は素通りでした。

流石、徳川将軍家の菩提寺。 立派ですね。でも、日光東照宮は当然として寛永寺も菩提寺なんですね。来年は大河ドラマに出てくるかも知れませんね。東京タワー壊すんですか。 貴方の写真。  写真としても素晴らしいけれども、単なる記録としても、後世に残ると思います。

私事ながら昨日ペット検査でした。結果は来週ですが予感はあまり芳しくありません。 

投稿: K.Yasunaga | 2010年8月 7日 (土) 10時16分

>K.Yasunaga さん

増上寺も寛永寺も戦前は凄い規模だった様ですね。
それが空襲でほとんど焼失したようです。
私がよく行く池上本門寺もそうですが、加藤清正が寄進した旧大堂については、江戸の人々は「池上の大堂」と称し、これに対して、上野(寛永寺)は中堂、芝(増上寺)は小堂と呼んだという程の規模でした。

京都は文化遺産があるので空襲されなかったと聞いていましたが、ネットで調べると空襲されなかった京都も最初の原爆投下の候補地にはいっていたため空襲しなかっただけの様ですね。

昭和20年5月11日 京都、広島、横浜、小倉を投下候補地として選定
5月28日 京都、広島、新潟に対し空襲を禁止
6月14日 小倉、広島、新潟を選定
7月25日 8月3日ごろ以降、速やかに広島、小倉、新潟、長崎のいずれかへ原爆を投下する命令
8月 2日 8月6日に投下する命令。優先順位は広島、小倉、長崎
8月 6日 広島へ原爆投下(ウラン爆弾)
8月 8日 8月9日に投下する命令。優先順位は小倉、長崎
8月 9日 長崎へ原爆投下(プルトニウム爆弾)

小倉は実際に8月9日に投下を3回も試みているけど投下目標確認に失敗して、目標を長崎に変更して投下された。
小倉に投下された場合今の北九州市全域と下関市まで被害が及び広島より死傷者が多くなったと予測されています。

戦争による文化遺産の破壊もさることながら、戦争ほど悲惨なものはないですね。
終戦特集のTVを見ると色々なことを考えさせられ長くなってしまいました。

投稿: OM1ユーザー | 2010年8月 7日 (土) 21時44分

>K.Yasunaga さん

ペット検査の結果、いい結果が出るのを祈ります。

投稿: OM1ユーザー | 2010年8月 7日 (土) 21時46分

こんにちは

これだけの写真が撮れれば
マイクロフォーサーズもイイですね!
E-P1+パナソニック20mmF1.7の組み合わせで
オートフォーカスが利くのでしょうか?

家族でお出かけする時には、
軽いカメラがほしい、、、
芝公園、増上寺へは、
東京タワーが目的で家族でお出かけした事が
ありますが、もうはるか昔の事です。。。

投稿: harada | 2010年8月29日 (日) 08時21分

>harada さん

ミラーレスも選択肢が増えていますね。
E-P1+パナソニック20mmF1.7の組み合わせはもちろんAFが効きます。
デザインにこだわりが無かったらパナのGF1パンケーキレンズセットが価格的にはいいかもしれません。
このレンズ単体で買うとかなり高くつきます。
この所E-P1の使用率が80%以上です。
お盆に松江に行った時もE-P1だけにしました。
写真はGANREFに載せています。
ブログにも載せる準備をしています。

http://ganref.jp/m/om1user/portfolios

投稿: OM1ユーザー | 2010年8月29日 (日) 22時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 梅雨明け前後の夕焼け(洗足池にて) | トップページ | ぐるっと松江その1 »