« 洗足池の灯籠流し2010 | トップページ | 芝公園・増上寺 »

2010年7月30日 (金)

梅雨明け前後の夕焼け(洗足池にて)

今年は梅雨明け前後に見事な夕焼けが出現しました。
始まりは7月10日梅雨の晴れ間からでした。
この日ウオーキングをかねて洗足池を被写体を探しながら回っていました。
太陽が沈む時間になったので夕陽撮影ポイントに移動しました。
いつもと同じ普通の夕陽でしたが、それでも落日は撮りたくなってしまいます。
E-P1+パナソニック20mmF1.7です。

1) 7月10日18時39分
P7103062slkp_


ところが日没から7,8分経ったころ光の状況が変化してきました。
かすかに光の帯が見られます。
2) 18時47分
P7103083_1_


この後刻々と光の帯がはっきりしてまるでサーチライトの様になりました。
3) 18時49分
P7103096slkp_


右側にクラゲの様な雲も出現していました。
4) 18時50分
P7103099_1_


そこにワカケホンセイインコの群れが東京工業大学のねぐらに向かって飛んでいきました。
5) 18時54分
P7103113_1_

これを機にサーチライトは静かに消えていきました。

7月12日午後から晴れてきたので今度は最初から期待して撮りにいきました。
E-P1にMZD ED14-42mmを付けていきました。
日没後出かけて待つ事10分期待通りに雲が輝いてきました。
6) 7月12日19時4分
P7123170slkp_


この日は影の帯が出てきました。
7)19時5分
P7123177_1_

影の帯は発達しないであまりはっきりしないまま、やがて赤みは最高潮になってきました。
8) 19時11分
P7123204slkp_

一番赤く焼けている所を望遠側で切り取ります。
9) 19時14分
P7123212_1_

綺麗な色あいに変わってきました。
10) 19時18分
P7123223slkp_

梅雨明け宣言のあった7月17日は真っ赤な夕焼けを見かけたのですが残念ながら撮りに行けなくて、翌18日期待して出かけました。
上弦の月が輝いていました。
その月に夕焼け雲がかかりました。
この日はこの雲だけが焼けました。
E-P1+パナソニック20mmF1.7です。
11) 7月18日19時12分
P7183351slkp_

翌7月19日は早めにスタンバイしました。
しかし期待出来そうも無い空模様でした。
トンボが飛んでいたので何回かシャッターを切って何とか写し込む事が出来ました。
E-P1+パナソニック20mmF1.7です。
12) 7月19日18時47分
P7193374ov2_

期待出来ないと思っていた雲が19時を過ぎて化けてきました。
13) 19時8分
P7193428slkp_

14) 19時9分
P7193428slkp__2


水面まで赤く染まってきました。
こんなのは初めての体験です。
15) 19時17分
P7193454slkp3_

カラスが飛ぶのを待って。
16) 19時18分
P7193462slkp_

カモを入れて
17) 19時19分
P7193471slkp_

帰り道もしかしたらと思って振り返って見たらやはり富士山が見えていました。
18) 19時25分
P7193476_1_

翌7月20日は用事があり、焼けているらしいのが見えて、あわてて駆けつけたのですがもう終わっていました。
191) 7月20日19時23分
P7203478slkp_

7月27日にはもう普通の夕焼けに戻っていました。
20) 7月27日19時13分
P7273649slkp_

こんなに続いていい夕焼けが見られたのは初めてです。
昔見た映画「風と共に去りぬ」のラストシーンの夕焼けはビビアン・リー扮するスカーレット・オハラのセリフ「明日は明日の風が吹く」とともにずっと忘れられないでいます。
いつかあんな夕焼けが撮りたいと、これからも追い求めていくと思います。



|

« 洗足池の灯籠流し2010 | トップページ | 芝公園・増上寺 »

コメント

お早うございます。 15&16 点景になった鳥が夕焼け空や池面に。好きです。  私らが子供の頃には「夏の夕焼け、早く川を越せ」「秋の夕焼け 鎌を研げ」なんて聞かされていましたが、この後、天気は如何でしたか。

梅雨明け後も、あちこちで集中豪雨のニュースが流れています。温暖化なんて言葉はなかった昔でも、こう言った言い伝えがあったと言う事は知っておくべきでしょうね。

>昔見た映画「風と共に去りぬ」のラストシーンの夕焼けはビビアン・リー扮するスカーレット・オハラのセリフ「明日は明日の風が吹く」とともにずっと忘れられないでいます。

あのシーン。素晴らしかったですね。 1939年と言えば、私は6歳。  その当時にあんな素晴らしいカラー映画を作ったなんて。多分テクニカラーだったと思いますが、元コダックのプロラボの所長をしていた友人に言わせると、
テクニカラーに勝るものはないそうだ。と言っていたのを思い出しました。  余談で済みません。

洗足池の鳥で思い出しましたが、最近カワセミ君の写真を長く拝見していないようですが。いなくなっちゃったんですか。

投稿: K.Yasunaga | 2010年7月31日 (土) 11時17分

>K.Yasunaga さん

その諺は初めて聞きました。
夏の夕焼けの後は大雨が降って川が増水すると言う事でしょうか?
鎌を研げというのはどういう事か分かりません。

今年の梅雨は東京南部では空梅雨に近かったと思います。
一度位激しく降った事も有りましたが、予報よりはずっと雨が少なかった様に思います。
映画「風と共に去りぬ」は音楽も良かったですね、「タラのテーマ」は今でも頭の中に響きわたります。
DVDを購入してもう一度じっくり見たい映画です。

カワセミ君は春に雌を探しに何処かへ行ってしまい、たまに姿を見かける時も有りますが基本的にはいない様です。
いつものパターンで10月頃にはまた姿を現すのではないかと期待しています。

投稿: OM1ユーザー | 2010年7月31日 (土) 17時42分

今晩は。 そうなんですね。夏の夕焼け後は大雨が降ることがあるから、早く川を渡っておかないと向こうへ行けないよ
と言う事ですね。江戸時代大井川は幕府が橋を架けさせなかった(渡船もダメ)から、川越人足の肩車や富裕層や女性でしょうけれども輦台で渡っていたそうです。「箱根八里は馬でも越すが、越すに越されぬ大井川」なんて言うのはこの事からでしょう。 
旅人は何日も足止めを食う事もあったとか。またタチの良くない人足は、渡りの途中で駄賃の値上げを言い出し (強請りですね) 輦台に乗れない女性などを困らせたとか。 ここだけの話ではないと思います。

また、秋の夕焼け後は晴れるから稲刈りなどの穫り入れ作業の準備として鎌を研いでおけ  という事ですね。

余談ですが、大井川で電気の周波数が東日本が50ヘルツ、西日本が60ヘルツに分かれていると記憶していますが、現在は果たしてどうなのかハッキリ知りません。 ただ、インバーターが家電に多く利用される様になりましたから、実生活では影響が減ったのは事実ですね。 かっては東京から福岡へ転勤してきた家庭では、蛍光灯の安定器を変えたり、洗濯機のプーリーを変えたりする必要もありました。逆もですね。

本当にあの「タラのテーマ」印象に残る曲でした。 映像・音楽 見事なマッチでしたね。 
前回の精霊流しに関してですが、この曲とは違いますが「案山子」山口百恵の「秋桜」  いい歌ですね。「案山子」は親から子ではなく兄が弟の事を案じての歌だと知りましたが、(私は親から子へとばかり思っていました) 私自身、このような経験は皆無です。が、この歌には涙が出ます。     駄文ばかりでごめんなさい。

投稿: K.Yasunaga | 2010年7月31日 (土) 22時10分

綺麗に焼けてますね。
最近、夕暮れ時の空を見ていません。
たまには見ないとダメですね。
すばらしい写真を見て、自分のこの頃を反省!

投稿: ironsky | 2010年7月31日 (土) 23時37分

こんにちは(^_^)

夕焼けの写真を堪能させていただきました。
いつも思うことですが、OM1ユーザーさんの
写真に対する こだわり、情熱を感じました。
1 の静けさを感じさせる写真、
4、5 の光の帯の美しさ、
17 のすばらしい夕焼けとカモの対比、、、と
どれもすばらしい写真なのですが
10 の色合いの美しさが際立った一枚が
特に好きです。

投稿: harada | 2010年8月 1日 (日) 17時20分

>K.Yasunaga さん

>秋の夕焼け後は晴れるから稲刈りなどの穫り入れ作業の準備として鎌を研いでおけ

ということですか。
私は夕焼けの翌日は晴れる、朝焼けの後は天気が悪くなるという単純な話ししか知りませんでした。
「案山子」は私も今の今まで親から子へとばかり思っていました。
さだまさしは一度だけまだ「関白宣言」のでるまえに会社の女の子達とコンサートに行った事が有ります。
「無縁坂」「縁切寺」「追伸」「掌」「飛梅」などを思い出します。
でもそこまででその後の曲は全く知りません。(笑)

ついでにその頃のコンサートで一番感動したのは岩崎宏美です。
マイク無しで歌った「月見草」を聞いて、生の声で会場の後ろまで聞かせられるのはこの子しかいないとメチャクチャ感動しました。
クラシックの歌手なら当たり前の話ですが、その頃のアイドル歌手でそれが出来る岩崎宏美に本当に感心してしまいました。

投稿: OM1ユーザー | 2010年8月 1日 (日) 22時26分

>ironsky さん

梅雨の頃は意外に綺麗な夕焼けが出るという記事を何処かで見て、気にかけて空を見ていたので撮る事が出来ました。
でも空は気まぐれで焼けるかどうか分からないので、いつも手軽なE-P1を持って出ました。
こんな時マイクロフォーサーズはいいですね。

投稿: OM1ユーザー | 2010年8月 1日 (日) 22時35分

>harada さん

夕焼けは一日として同じものは無い訳で、今日はどんな夕焼けになるのかと期待する毎日でした。
その中で出来るだけカラスやカモなどを写し込む様にしましたが、なかなか夕焼けのピークとタイミングが合わず難しいですね。

10)は夕焼けのピークが過ぎて薄れゆく過程の中で撮った一枚です。

投稿: OM1ユーザー | 2010年8月 1日 (日) 23時02分

なんといい色合いでしょう!
私は、17)の夕焼けが好きですね。
一口で夕焼けといっても、刻々と表情が変わるものですね。

投稿: ときめき | 2010年8月 1日 (日) 23時04分

>ときめき さん

刻々と変化していく夕焼けのピークはその時は分からないので20~30分撮り続けるのですが、こんなに毎日の様に夕焼けが見られたのは初めての体験でした。
本当はもっといいロケーションで撮りたい所ですが、都会で水辺で撮れる事に感謝しないといけないですね。

投稿: OM1ユーザー | 2010年8月 2日 (月) 10時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 洗足池の灯籠流し2010 | トップページ | 芝公園・増上寺 »