« 梅里雪山 | トップページ | 梅雨明け前後の夕焼け(洗足池にて) »

2010年7月23日 (金)

洗足池の灯籠流し2010

毎年7月16日は洗足池で灯籠流しが行われます。
何時も気がついた時は終わっていたりして残念に思う事があったので今年は忘れない様に気をつけて、始まる前に出かけて来ました。

細かい説明は2007年の灯籠流しをご覧下さい。

http://senzokuike-bs.cocolog-nifty.com/blog/2007/07/post_3e8c.html

今年は月が綺麗だったので月と灯籠が一緒に写せる場所から撮る事にしました。
撮影機材はD700+タムロン28-75mmF2.8手持ちです。

洗足池に着いた時もう既に灯籠を載せたボートが浮かんでスタンバイ状況でした。
1)
Dsc_6027slkp_

花火の合図と共に各ボートから灯籠が一斉に水面に浮かべられます。
2)
Dsc_6032slkp_

水面に灯籠がどんどん浮かべられていきます。
3)
Dsc_6037slkp3_

4)
Dsc_6038slkp2_

風向きが悪いのか残念ながら灯籠がこちらには流れて来ないのでこの写真を撮った後場所を変える事にしました。
5)
Dsc_6060slkp_


八つ橋の上は見物の人達で賑わっていました。
さすがのD700も人が見える様に持ち上げたらノイズだらけになりました。ISOは6400です。
6)
Dsc_6076slkp_

弁天島から洗足池駅方面のビル群を背景に撮りました。
7)
Dsc_6087slkp_

最後は水辺に流れてきた灯籠です。
8)
Dsc_6094slkp_


灯籠はこの一年間に亡くなった人の霊を送るお盆の送り火の行事ですが一つ1000円で誰でも申し込みが出来るそうです。

|

« 梅里雪山 | トップページ | 梅雨明け前後の夕焼け(洗足池にて) »

コメント

一枚目いいですね♪
洗足池の夏の情景が、とてもよく伝わってきます。
猛暑を忘れさせてくれる一コマです。
が、実際の撮影時は、熱帯夜で暑かったのではないでしょうか。
夜でも、熱中症にはなるでしょうから、お気をつけください。

投稿: せんこ~ | 2010年7月26日 (月) 19時42分

こんばんは(^o^)丿
お久しぶりですm(__)m
ちょっと夏風邪になっちゃいまして・・・
結構、きつかったので体調を崩さないようにお気をつけくださいm(__)m

さて、お写真、拝見しましたが5枚目の構図が良いと思いました(^^)
燈籠の位置が良い感じですし、照明の写り込みも良いです(^^♪
また、月の感じも良いです!
ちょっとノイズは気になりますが仕方ないですしね(^^;;

それにしても、やっぱりD700は高感度に強いですね(^_^)
私も夜の撮影もしなくっちゃ(^^;;

投稿: ちゃむ | 2010年7月26日 (月) 20時11分

少しずつ灯籠が増えていき、空も少しずつ暗くなっていく様子がわかります。
幻想的な風景です。
高感度に強いカメラは、こういうときに良いですね。

投稿: ironsky | 2010年7月26日 (月) 22時05分

池に浮かんだ灯篭は、情緒がありますね。
おぼろに見える月もこの場の雰囲気を盛り上げてくれているようです。
撮りがいのある被写体ですネ。

投稿: ときめき | 2010年7月26日 (月) 23時40分

こんにちは
情緒たっぷりの涼しそうな光景に誘われますが、
やはり人出も多そうですね。
しかし東京の真ん中で昔ながらのイベントはいいものです。
夜の手持ち撮影は良いですね。

投稿: すなっぷ | 2010年7月27日 (火) 15時46分

>せんこ~ さん

実は洗足池は熱帯夜知らずでは無いかと思いますよ。
日中でも少し風のある日は木陰のベンチは実に涼しくて爽やかです。
太陽が沈んだ後は本当に涼しいのでこの時も撮影に専念出来ました。
今回はISO6400はノイズ的にギリギリでやはり三脚を持っていくべきだったと反省しています。

投稿: OM1ユーザー | 2010年7月27日 (火) 15時50分

>ちゃむ さん

夏風邪にはご注意下さい。
猛暑の中お仕事は大変ですね。
リタイヤしてもうすぐ3年になる私にはもう考えられません。

5枚目が今回の中では一番灯籠の広がりがいい感じでした。
でも初めて撮った2007年の時の方が見応えあるなと反省しました。

投稿: OM1ユーザー | 2010年7月27日 (火) 16時00分

>ironsky さん

いくら高感度に強いと言っても段々と厳しくなってやはり三脚持って来れば良かったと反省しました。
灯籠は意外に明るくてすぐ飛んでしまいます。露出も難しいですね。
来年までこれらの事を覚えていればいいですけど。(笑)

投稿: OM1ユーザー | 2010年7月27日 (火) 16時17分

>ときめき さん

本当は月がもっと形がはっきり撮れると良かったのですが、完全に飛んでしまいました。
来年は又違う撮影場所を探そうと思います。

投稿: OM1ユーザー | 2010年7月27日 (火) 19時55分

>すなっぷ さん

人出はそんなに多くは無いですよ。
妙福寺というお寺の送り火の行事なので近辺の人でも知らない人が多いからです。
手持ちでは無理な面も有ったので来年は三脚持っていこうと思いました。

投稿: OM1ユーザー | 2010年7月27日 (火) 20時07分

こんにちわ♪灯篭流し。今年もこんな時期になったんですね。毎年思うんですがお盆が来れば正月もすぐそこに~~と。ほんとに何にもしないうちに時だけが流れて行くようです!

コメント頂いてご返事が遅くなり申し訳ございません。

投稿: うー | 2010年7月28日 (水) 20時44分

今日は。 一応退院してきましたが....。  大都会の中の洗足池の灯篭流し。想像もしていませんでした。
田舎でも廃れて行っているでしょうに。こちらは8月がお盆。でも、川に流すのは禁じられています。大濠公園なんかでやっていると言う話は聞かないし。私は最後のが好きです。3つ流れ着いたのは生前お知り合いだった人たちなのかなぁなどと。 
灯篭流しは「精霊流し」と九州では呼ぶ事が多いですね。特に長崎出身の「さだまさし」さんにはその名の歌もあり、夏の話題の一つです。

長崎市のは見たことはありませんが数年前、友人と九十九島にある隠れキリシタンの黒島(クルスシマから転化したと言われています)に8/15日に重要文化財の天主堂の撮影に行き、序でに落日で有名な佐世保・石岳に行きました。
帰りはもう真っ暗で佐世保の街も爆竹を鳴らしながらの「精霊流し」の豪勢な行列を見ました。

長崎市のはもっと凄く数百万円かける家庭もあるという話も聞きます。

投稿: K.Yasunaga | 2010年7月29日 (木) 17時55分

>うー さん

もう今年も後半の1カ月が終わろうとしていますね。
来月は初盆で今年4回目の松江行きになります。
今度は少し時間的に余裕があるので宍道湖の夕景を撮って来ようと思っています。
うー さんの動画による萩の街巡りはいいですね。
一度は行ってみたいですね。

投稿: OM1ユーザー | 2010年7月29日 (木) 19時12分

>K.Yasunaga さん

さだまさしの「精霊流し」は職場の若い女子社員達にアリスと共に教えて貰ったのを覚えていますが、バイオリンの序奏と共に何度聞いてもいい曲ですね。
実際の「精霊流し」はお祭りの様に賑やかだと聞いた事が有りますが、やはりそうなんですね。
洗足池の灯籠流しは日蓮大聖人の袈裟かけの松が境内にある御松庵妙福寺の送り火の行事なんですが、一般の人からも1個1000円で灯籠供養を募集しています。
何時頃から行われているのか知りたくてネットで検索をかけていますがそういう情報は今のところ見つかっていません。

投稿: OM1ユーザー | 2010年7月29日 (木) 21時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 梅里雪山 | トップページ | 梅雨明け前後の夕焼け(洗足池にて) »