« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008年5月28日 (水)

尾瀬ヶ原速報版

26日からの一泊二日での尾瀬行き天候に80%ほど恵まれて撮影を楽しんで来ました。

速報版という事で2枚ほど現像しましたので載せます。

又後ほど正式版の記事を書きたいと思います。

D300+VR18-200mmの方の写真です。

日の出前の燧ケ岳です。

1)

Dsc_3164slk_

朝焼けとまではいきませんでしたが、超有名な水芭蕉ポイントです。

2)

Dsc_3184slk2_


天候80%というのは日の出と夕日が雲に覆われて見えなかったからです。

上記どちらかの写真をまた尾瀬フォトコンテストに投稿したいと思っていますので応援よろしくお願い致します。
投票は6月10日からです。

| | コメント (22)

2008年5月25日 (日)

5D+プラナー50mmF1.4

明日早朝より一泊で尾瀬ヶ原に行ってきます。

永年の夢が叶い水芭蕉の時期に初めて行ける事になりました。
クラブツーリズムの撮影ツアーに写友(KissX2所有)と参加します。

尾瀬の写真を載せる前に5D+プラナー50mmF1.4ZFで撮った花を載せておきます。
この組み合わせでの写りはとにかく私は大好きです。

EF50mmF1.2Lなど欲しいと思いません。(今のところ)

庭の薔薇(2本)が今年は沢山咲きました。
一つはツル薔薇です。

1)

Img_1103slk_

この薔薇は最初この様に白っぽいのですが、色がどんどん赤く変わっていきます。
2)

Img_1105slk_


この様に花が固まって咲いています。
剪定も何もしないので自然のままです。(剪定の仕方が分からないだけです)
背景は玄関の煉瓦です。

3)

Img_1106slk_


もう一つの方は赤い薔薇です。

4)

Img_1107slk_


背景の赤は車です。(笑)

5)

Img_1108slk_


こちらはゼラニュウムです。

6)

Img_1109slk_


再び最初の薔薇です。

7)

Img_1110slk_

だんだん撮り方がいい加減になってきました。(笑)

8)

Img_1113slk_


ゼラニュウムはこの様に植えてあります。

9)

Img_1114slk_


赤い薔薇に戻りました。

10)

Img_1115slk_


最後は公園で撮ったキショウブです。
公園ではD300+タムロン90mmマクロでカキツバタやキショウブ等撮ったのですが次の機会にします。

11)

Img_1133slk_


明日は家を6時20分頃出発です。

| | コメント (4)

2008年5月14日 (水)

GWのカワちゃん

AF-S 300mmF4 +TC17-EⅡ(1脚使用)の試写をかねて鳥を探しに行きました。

澄んだ鳴き声がしていました、でも探しても見えません。

その内鳥撮りの仲間が2、3人やって来てあれはオオルリの鳴き声に間違いないとということで皆で一生懸命探したのですが、
結局見つからずその内鳴き声がしなくなり諦めました。残念無念!!

しょうがなくカワちゃんを撮って引き上げました。

ここには良く来るのですが遠いので普通は撮りませんが、500mm(750mm相当)でどのくらい撮れるかレンズを向けてみました。

お髭カワちゃんです。
大トリミングしています。

1)

Dsc_2720slk_


よくここまで首が回るものです。
やはり借金がないのでしょうね。(笑)

2)

Dsc_2716slk_


ボケボケですが唯一の飛び物です。

3)

Dsc_2723slk_


この後は全てノートリミングです。

4)

Dsc_2729slk_

この体制の後が撮れればいいのですが、私の反射神経では指が間に合いません。

5)

Dsc_2730slk_


近過ぎます、携帯でも撮れます。

6)

Dsc_2740slk_


7)

Dsc_2744slk_


日陰に行きました、自動感度はISO3200になってしまいました。

8)

Dsc_2745slk_


9)

Dsc_2746slk_


10)

Dsc_2748slk_


ここでタイムアップになってしまいました。

急いで帰って朝食に間に合わせないとまた携帯に呼出しが来ます。(笑)

サンヨン +TC-17EⅡはAFも効くし使えるという結論です。
でもその後肩と腰が痛くなりました。(笑)

| | コメント (6)

2008年5月10日 (土)

GWを飾った花々

本当は夏鳥が来てないかとフィールドに行ったのですが、花を撮る事になりました。(笑)

もうアヤメが咲いていました、なんか今年は早い様な気がします。

D300+VR70-300mm

1)

Dsc_2586slk_


2)

Dsc_2588slk_


名前が分かりませんが可憐な花を見つけました。

3)

Dsc_2590slk_


今年のヤマブキはチョット花が少なく見栄えがしません。

4)

Dsc_2594slk_


5)

Dsc_2598slk_


池辺のツツジです。

6)

Dsc_2601slk_


7)

Dsc_2605slk_


この季節には毎年タニウツギが綺麗な花を咲かせています。

8)

Dsc_2607slk_


9)

Dsc_2610slk_


近くにはコデマリも咲いています。

10)

Dsc_2612slk_


琉球ツツジが清楚な白い花を咲かせています。

11)

Dsc_2616slk_


12)

Dsc_2617slk_


13)

Dsc_2619slk_


平戸ツツジです。

14)

Dsc_2621slk_


キリシマツツジは小さくても鮮やかな花です。

15)

Dsc_2626slk_


白のシャリンバイです。

16)

Dsc_2627slk_


珍しいピンク色のシャリンバイです。

17)

Dsc_2629slk_


今年の藤はチョット寂しくなかなかいい房が見つかりませんでした。

18)

Dsc_2641slk_


最後は花では無く新緑を切り取ってみました。

19)

Dsc_2637slk_


20)

Dsc_2638slk_


21)

Dsc_2646slk_


ここまでお付き合い有り難うございました。

| | コメント (16)

2008年5月 1日 (木)

囀り

今小鳥の囀りがにぎやかですが、このところ家の前の木に止まって囀っている鳥を見つけました。

最初シジュウカラだとばかり思っていましたが、望遠レンズで覗いてみたらメジロでした。

恥ずかしながらメジロも囀る事を知りませんでした。(笑)

そこで囀る声が聞こえると二階の窓から撮る事にしました。

その内この際私の所有しているレンズを全部使ってみようと思い撮り始めたのですが、当然のことながら天候と光線の状況によって全く写り具合が違う事に気がつきました。

半月かかって約600枚撮りましたが、一応何とかまとまりましたので載せたいと思います。

レンズに興味のない方は同じような写真ばかりですのでスルーして下さい。

レンズの性能テストということではなく実践に使った場合どの程度の写りが期待出来るかという観点です。

従って全て手持ちでSSも絞りも統一しないで適当で、いつもの様にSILKYPIXで現像しています。
私の実践スタイルです。(笑)

撮影距離は全て同じですが、焦点距離の違いはメジロの大きさが同じ位になるようにトリミングしています。
画像をクリックすると1024×680の大きさになります。(いつもそうですが)
EXIFもついています。

最初にトリミング無しの写真です。

D300+AF-S300mmF4にて

0)

Dsc_2033_


メジロの大きさをこの位に統一しました。

1)

Dsc_2033slk_


「囀り」はここからです。
AF-S300mmF4

2)

Dsc_2088slk_


AF-S300mmF4+ケンコーテレプラスデジタルPRO300×1.4

3)

Dsc_2101slk_


AF-S300mmF4+TC-17EⅡ

4)

Dsc_2488slk_

AF-S VR70-300mm
これは光線具合が悪くてチョット不利でした。

5)

Dsc_2150slk_


AF-S VR70-300mm+ケンコーテレプラスデジタルPRO300×1.4

6)

Dsc_2521slk_


トキナー80-400mm(旧型)

7)

Dsc_2533slk_


トキナー80-400mm(旧型)+ケンコーテレプラスデジタルPRO300×1.4

8)

Dsc_2546slk_


AF300mmF4(旧型)

9)

Dsc_2336slk_


AF300mmF4(旧型)+ケンコーテレプラスデジタルPRO300×1.4

10)

Dsc_2563slk_


最後に5D+AF-S300mmF4+TC-17EⅡでMFで撮ってみました。

11)

Img_1084slk_


純正テレコンはTC-14EⅡかTC-17EⅡかで迷いましたが、TC-17EⅡの方にしました。
TC14EⅡの写りも気になります。
今回撮ってみてサンヨン(新旧とも)のテレコン無しがトリミングしても写りがいいように思いました。

それぞれに撮影状況が違い比較は出来ないと思いますが少しは参考になりましたでしょうか?

| | コメント (25)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »