« 堂々の一位 | トップページ | 雨の洗足池 »

2007年7月18日 (水)

洗足池の灯籠流し

毎年7月16日はお盆の灯籠流しが洗足池で行われます。

今まで見に行く機会がなかったのですが今年は写真撮りに行く事が出来ました。

初めてなのでどんな風に行われるのか全然わからなくて取り敢えず御松庵妙福寺に行ってみました。

今回はD40にVR18-200mmを付け三脚も持っていきました。

お寺の門は提灯と電球がついていい雰囲気でした。

Dsc_2453slkn_

先祖を供養する方々の灯籠も準備されていました。
全部で600個だということです。

Dsc_2455slk_h


灯籠は9艘のボートに載せられ洗足池の全方向に散らばっていきました。

舟の中で灯籠に火が付けられいよいよ灯籠流しがはじまります。

Dsc_2461slk_


舟から灯籠が一つ一つ静かに水面に浮かべられていきます。

Dsc_2463slk_


Dsc_2468slk_


Dsc_2479slk_


Dsc_2480slk_


全体が見える歩道橋の上に移動して撮りましたが、車が通る度に振動して最悪の状況でした。

Dsc_2481_1_

Dsc_2483slk_


Dsc_2485_1_


Dsc_2488_1_


少しアップで撮ってみました。

Dsc_2486_1_


Dsc_2491_1_


場所を移動してもう少し撮りたかったのですが、この時携帯が鳴って「早く帰って夕食食べなさい」と家内からの
無情の電話で撮影はお終いにしました。

家を6時過ぎに出て電話で気がついたら8時半過ぎていました。(笑)

今回で様子が分かったので来年は撮影ポイントを変えて、それとレンズもVR70-200F2.8にします。

今回露出はすべてF5.6の1/5秒 ISO1600でしたので被写体ブレしていますが雰囲気は分かるかなと思います。

|

« 堂々の一位 | トップページ | 雨の洗足池 »

コメント

こんにちは

灯篭流し、いいですねぇ~^^
6枚目のアップめで水面にユラユラ写り込んでいるのが好きです
これって、三脚で使ってバルブで10~60秒位開けて撮ったらどうなるんでしょうかね^^
これまた違った雰囲気が出て面白そう
灯篭の写真見てたら何かゆったりとした気持ちになりました

投稿: ぴんさん | 2007年7月18日 (水) 09時00分

MFで、こんな事が行われてるとは、全然知りませんでした。

普段のMFと打って変わって、なかなか、幻想的な雰囲気ですね。

投稿: 金色の侍 | 2007年7月18日 (水) 20時50分

撮影に熱中して、食事忘れる・・・・よくありますね。
それだけ充実して撮影ができたと言うことです。
こういう写真って難しいものです。
場所も選ぶし、SS稼げないのに被写体は揺れるし。
本当にご苦労さまでした。

投稿: ironsky | 2007年7月18日 (水) 22時16分

>ぴんさん さん

今回初めてだったのでどのように灯籠流しが行われるのか全く
分からなかったのでほとんど一カ所からの撮影でした。
バルブで撮ったら面白いでしょうね、来年は試みる余裕が有りそうです。

投稿: OM1ユーザー | 2007年7月19日 (木) 12時02分

こんにちは。
帰るコールならぬ
帰れコールは私も同じです。
近所のマイフィールド公園へ行く時は必ずといっていいほどかかってきます。
最近MF公園行ってませんが(^^;

ところで洗足池の灯篭流しは知りませんでした。
洗足池っていろんな意味で見所があるのですね。
これは必ず一度は行かないといけませんね~。

投稿: jinchandaisuke | 2007年7月19日 (木) 12時07分

>金色の侍 さん

私も灯籠流しがある事は知っていましたが、実際に見たのは初めてでした。

お寺の裏のあたりだけ使うのかなと思っていましたので中原街道沿いの
柳の下から撮りましたがこれだったらもっといいポイントがあるかもしれないです。

一度はご覧になるといいと思います。
イッツコム(有線TV)も撮影に来ていました。

投稿: OM1ユーザー | 2007年7月19日 (木) 12時20分

>ironsky さん

今回風はほとんど無かったので1/5秒で何とか撮れましたが、
もうチョット風があったら全部被写体ブレになるところでした。

来年は明るいレンズを持っていこうと思います。

投稿: OM1ユーザー | 2007年7月19日 (木) 12時32分

>jinchandaisuke さん

帰れコールの第一声は「何やってんのよ!」と耳が痛くなる様な声ですから恐ろしいです。(笑)

10月頃になると水鳥が帰ってきますし、運が良ければ夏鳥の帰りの途中滞在に会えますよ。
是非来て下さいね。

投稿: OM1ユーザー | 2007年7月19日 (木) 12時51分

え~!これISO1600なんですか?
暗部が多い写真なのにノイズは皆無ですね。
灯篭流しの幽玄さも驚きですが、D40のノイズレスの優秀さには
もっと驚きです。
EOS-1DM3とどっちがノイズレスなんでしょう?

投稿: POKOパパ | 2007年7月19日 (木) 22時18分

祭りやイベントを撮っていると時間が経つのを忘れます。その感じ、よく分かります。
灯篭流し、幻想的な風景です。なるほど、長時間露出も面白そうですね。

投稿: ときめき | 2007年7月19日 (木) 23時26分

池で灯籠流しってことは川のように流れて行かないのですよね?
と言うことはどこかに止まっちゃう?
その後どうなるのか?なんてつまらない事を
考えちゃいました(笑)

水面を蛍が流れてるようでとても綺麗ですね。

投稿: せんこ~ | 2007年7月20日 (金) 00時23分

>POKOパパ さん

ISO1600ですがSILKYPIXでRAW現像時にノイズ削減処理をしています。

やはりMkⅢとは比べ物にならないと思います。
D40はISO1600でもノイズ削減処理を前提に使えるというレベルです。

今回の反省点は三脚必須でしたのでもう少し明るいレンズを持っていくべきでした。(笑)

投稿: OM1ユーザー | 2007年7月20日 (金) 08時50分

>ときめき さん

東京の7月にお盆というのはいつも何で今頃お盆なのとピント来ないですが、
今年は3連休だったのでこの日を忘れない様に心がけていました。

ときめきさんのところ金沢のイベントに比べればほんのささやかなものですが、
それでも撮影に夢中になりました。(笑)

来年はもう少し色々工夫して撮ろうかなと思っています。

投稿: OM1ユーザー | 2007年7月20日 (金) 08時59分

>せんこ~ さん

灯籠は風に流されて岸の方に寄せられていく感じでした。
ですから多分毎年その時の風の向き強弱によって変化がある様な気がしました。

その後どうなるかですが、
私も同じ疑問を持っていますが、最後までいなかったので想像ですが、
舟で回収するのだと思います。

投稿: OM1ユーザー | 2007年7月20日 (金) 09時07分

こんばんは♪

燈籠流し・・・とても幻想的な雰囲気ですね。
水面をゆらりゆらりと流れていく灯篭。
時間を忘れてしまいそうになります( ̄∇ ̄*ほわぁ

余談ですが、2年前の夏休みに長崎を訪ねたとき
ちょうどかの地でも灯篭流し(向こうでは精霊流しという)をやってました。
想像と全くちがうのにびっくりでした(汗笑)

ご参考までに・・・「精霊ながし@ウィキペディア」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B2%BE%E9%9C%8A%E6%B5%81%E3%81%97

投稿: 散歩猫 | 2007年7月20日 (金) 21時01分

>散歩猫 さん

長崎の精霊流し見られましたか、リンク先見ると爆竹など鳴って華やかなんですね。

グレープの歌の雰囲気かと思っていましたが、もっとも歌にも華やかにという言葉があるんですね。

グレープが「無縁坂」を歌っている頃職場の女子たちと見に行ったことがあります。
その子達が私が百恵ちゃんのフアンだと知ってグレープやアリスを教えてくれました。(笑)

投稿: OM1ユーザー | 2007年7月21日 (土) 17時52分

おはようございます(^_^)

灯篭流しですか、TVのローカルニュースでしか見たことないです。
雰囲気がすごくイイですね、神秘的で静けさが伝わってきます。
暗い中にも遠景の光りと水面に浮かぶ灯が消えた影が
写りこんでいる最後から3枚目が好きです。

D40の高感度すばらしいですね、、、
70-200の撮影が今から楽しみです(^o^)/

投稿: harada | 2007年7月22日 (日) 07時12分

>harada さん

近くの灯籠は大きくそして遠くの灯籠も沢山映るようなポイントが
あればなあと思っていましたが今回は見つけることが出来ませんでした。

SSも中途半端でもっと遅くしてみるか、速くするかして撮るべきだったなと思いました。

来年はもう少し進歩させたいと思います。(鬼が笑う)

投稿: OM1ユーザー | 2007年7月22日 (日) 14時01分

こんにちは。

灯籠流しはテレビ等で見たことはありますが
実物を見たことはありません。
川面に点在する灯籠の光が幽玄な雰囲気を醸し出して
いていいですね。


投稿: tonton | 2007年7月23日 (月) 10時50分

>tonton さん

私も実物は初めて見ました。

灯籠流しと言っても池なので水が流れていません(多分)ので、風によって段々岸辺の方にに吹き寄せられていく感じでした。

今回は思い通りに撮れたとは言い難いので来年またリベンジです。(笑)


投稿: OM1ユーザー | 2007年7月23日 (月) 14時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 堂々の一位 | トップページ | 雨の洗足池 »