« Ai24mm F2S(2) | トップページ | 洗足池の灯籠流し »

2007年7月11日 (水)

堂々の一位

「竹内純子と歩く尾瀬」というサイトはご存じの方もいらっしゃるかと思います。

そこでは毎月尾瀬百景フォトコンテストが行われています。

そこに5月の連休に行った時の尾瀬の写真を初めて投稿しました。

サイトを見た人の投票によって順位が決まるのですが、

第19回の結果は二位の作品と熾烈な一位争いを演じ、と言ってもずーっと二位だったのですが
投票最終日になってどういう訳か逆転し4票の差を付けて一位を取る事が出来ました。

三位までは過去の作品が見れるのでそれに入ればいいなと思っていましたが、好きな尾瀬で撮った
写真が一位となりこんな嬉しい事はありません。

Dsc_1761slkn__1


カメラ NIKON D40
レンズ AF-S VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6 G(IF)
データ F11 1/640秒 ISO200 焦点距離 22mm 絞り優先 スポット測光
SILKYPIXにて現像 WB調整

竹内純子と歩く尾瀬

第20回にも写真を投稿しています。

皆様もご自分の審美眼でいいなと思う作品に投票されてみたらいかがでしょうか。
(投票は一回限りです)

決して私の作品に投票してくれとは申しておりません。(笑)

|

« Ai24mm F2S(2) | トップページ | 洗足池の灯籠流し »

コメント

1位おめでとうございます。
デジカメ雑誌への入選と連続の快挙ですね。
身体を壊さないよう、ほどほどに頑張って素敵な写真を見せて下さい。

投稿: HK | 2007年7月11日 (水) 16時36分

この所、コンテストで御活躍され凄いですね。
D40は、とても好い発色をしてますね。

高感度に強く、階調度が好いフラグシップ機を、N社も出して欲しいですね。

投稿: 金色の侍 | 2007年7月11日 (水) 20時40分

こんばんは♪

DCMの入選に引き続き、尾瀬での作品の入賞ですね!
おめでとうございます!(^∇^)

稜線から太陽が顔を出してるということは
DCMでの黎明の後のシーンでしょうか。
明るい朝の高原のイメージがとても美しく感じます☆

投稿: 散歩猫 | 2007年7月11日 (水) 21時01分

こんばんは
堂々の第一位おめでとうございます。
第1回から第19回までのすべての第一位作品を拝見しました。
私は全作品のなかでOM1ユーザーさんの作品が最優秀作品だと思います。
後で優秀作品展があれば是非一票入れさせて貰います。
おめでとうございました。
ところで何かご褒美はあったのでしょうか(^^♪

投稿: jinchandaisuke | 2007年7月11日 (水) 21時19分

おめでとうございます。
この写真が1位になること、納得です。
すばらしい写真です。
私も尾瀬に行かなきゃ。(最近膝を痛めてしまったので、夏休みに尾瀬は無理そう)

投稿: ironsky | 2007年7月11日 (水) 21時24分

>HK さん

ありがとうございます。

また撮影ツアーに行きたいのですが、なかなか家内の説得が難しいです。(笑)

所で今年は蓮を見に行かないですか、行かれたら是非写真送って下さい。

投稿: OM1ユーザー | 2007年7月12日 (木) 08時24分

>金色の侍 さん

いらっしゃいませ。

鳥では完全に素人ですけど、風景は少し自信がついた様な気がします。

金色の侍 さんの鳥はいつも楽しませて貰っています。
この前のアカショウビンの写真は図鑑以外で見たのは初めてです。
日本に本当にいるんですね。

Nのフラッグシップは今月発表という噂ですけど、期待を裏切らないで欲しいなと思っています。

また金色の侍 さんの1DMkⅢ+ゴーヨンの写真拝見させて頂きたいと思います。

投稿: OM1ユーザー | 2007年7月12日 (木) 08時46分

>散歩猫 さん

ありがとうございます。

そうなんです、DCMの写真はこの日の出を撮る為に急いで月明かりの雪原を歩いている時のものです。

かなり寒かったのですが、夢中で撮っていたので寒さを感じる暇がありませんでした。(笑)

投稿: OM1ユーザー | 2007年7月12日 (木) 08時54分

>jinchandaisuke さん

ありがとうございます。

このコンテストはファン投票ですので、作品的に優れたものが上位に来るとは限らないですが、尾瀬を愛する人たちから選ばれたのは正直嬉しかったですね。

>ところで何かご褒美はあったのでしょうか(^^♪

家族にはまだ言ってないし、皆様のお祝いの言葉が何よりのご褒美です。(笑)

投稿: OM1ユーザー | 2007年7月12日 (木) 09時05分

>ironsky さん

ありがとうございます。

>最近膝を痛めてしまったので、夏休みに尾瀬は無理そう

行動力のあるironsky さんなので少し無理されてのでしょうか?
大事にされて、早く直されて尾瀬にも行けるといいですね。

昨年ironsky さん の尾瀬の写真拝見してから尾瀬熱が復活して昨年の10月と今年の5月で2回行けました。
知床熱も復活しています。(笑)

投稿: OM1ユーザー | 2007年7月12日 (木) 09時14分

これはすごい!!

一位おめでとうございます。
言ってくれれば、私も早めに投票しましたのに(^o^)

なによりD40とVR18-200という軽量コンビで
これだけの素晴らしい写真を撮られているのが
ご立派です。
写真は機材だけでなく技術と心だということが
良く分かります((*^_^*)

投稿: とんとん | 2007年7月12日 (木) 12時10分

>とんとん さん

ありがとうございます。

この時はD200+AF35mmF2を一脚で、D40+VR18-200mmを手持ちで交互に撮りました。

35mmはやはりこの場面では画角が狭くて構図的に少し迫力に欠けると思いました。
帰った後、一回も使わなかったVR70-300mmを止めて24mmかAF-S17-55mmF2.8持っていけば良かったなあと思いました。

自分自身日の出に感動しながら撮っていましたのでそれが良かったのでしょうね。

投稿: OM1ユーザー | 2007年7月12日 (木) 14時49分

こんばんは(^o^)丿
グランプリ、おめでとうございます!!
全体が朝日の出たところで良い色に染まり、とてもキレイな作品だと思います(^_^)
いや~、この色、すんごく好きですし納得できます(^^)

こういったのでグランプリだとうまくすればポスターやパンフレットに使ってもらえるのでは?
私もとある観光協会でうまくすれば使っていただけそうです(^^♪

投稿: ちゃむ | 2007年7月12日 (木) 18時04分

>ちゃむ さん

ありがとうございます。

この時の刻々の変化の一部は下の方の記事(カテゴリー尾瀬で見れます)に載せていますが、
太陽の出た瞬間しか光のすじが伸びないのですが、そちらはD200+AF35mmで撮りました。

今回の写真は日の出から6分後に撮った一番いい色に仕上がったもので私も気に入っています。

ちゃむ さんのグランプリのブログ公開、是非お待ちしています。

投稿: OM1ユーザー | 2007年7月13日 (金) 09時04分

こんばんわ。
おめでとうございます。
誰にも文句を言われない素晴らしい優勝作品ですよね。
ほんときれいな風景です。
タイトル通りの堂々の1位です。
重ねておめでとうございます。これからも素晴らしい写真を撮ってくださいね!

投稿: うー | 2007年7月13日 (金) 22時12分

>うー さん

ありがとうございます。

今回の尾瀬行きは積雪の中を苦労して歩いた甲斐がありました。
天候も良くしかも満月だったということで、天の巡り合わせも良かったので、満足のいく成果を上げる事が出来ました。

これを土台にして今年の後半を無理せずに頑張りたいと思います。

投稿: OM1ユーザー | 2007年7月13日 (金) 22時39分

こんばんは。

おお、堂々の第一位、おめでとうございます♪
すばらしい光景ですね~!
D40でこれだけの風景写真が残せるという意味
でも大変勉強になりました。

でも一番はそういった景勝地へ出掛けられる
気持ちというか行動力だと思ったりします。

これからも素晴らしいお写真、楽しみに
させていただきますね。(^_-)-☆

投稿: semi | 2007年7月14日 (土) 18時49分

おめでとうございます(^_^)
連続でフォトコンテスト入選ですね、
すごいなぁ~
神秘的な深い色と光りが美しい!と思いました。
これからもご活躍期待しています。

私も精進せねば、、、(*^o^*)

投稿: harada | 2007年7月14日 (土) 19時39分

フォトコン一位、オメデトウございます。
この写真をデジタルフォトに出しても
入選は間違いなかったでしょうね。
でも2つのフォトコンには出せないルールでしたっけ?

この写真の裏には相当の努力が隠されてるんですね。
普通にパッと行って、簡単に撮れる写真ではないっていうのが見ていて解ります。

やはり写真も努力と根性(もちろんテクもですが)が大事なんですね。

投稿: POKOパパ | 2007年7月15日 (日) 00時50分

>semi さん

ありがとうございます。

行動力といっても撮影ツアーで、行き帰りはバスですので楽ですよ。
行きたい所のツアーと休日がなかなかうまく重ならないのが難点です。

海外の撮影ツアーもありますので、退職したら行きたいと思っていますが、色々しがらみがあって実現出来るかどうかです。(笑)

投稿: OM1ユーザー | 2007年7月15日 (日) 07時01分

>harada さん

ありがとうございます。

やはり印象的な風景写真は朝と夕方に撮れると思って
尾瀬ヶ原の中にある山小屋に泊まるツアーに参加しました。

私の歳になると体力の不安と事故への注意(尾瀬では捻挫や骨折で歩けなくなると
ヘリで運ばれ、多大な迷惑をかけます)があるため機材も軽くすむようにしました。

これからも健康で撮影に出かけられる体力を維持する事が大切だなと思っています。

お互いに精進しましょう。(笑)

投稿: OM1ユーザー | 2007年7月15日 (日) 07時29分

>POKOパパ さん

ありがとうございます。

そうですね、同じ写真(類似も含めて)は二つのフォトコンには応募出来ないルールです。

露出はかなり試行錯誤しました。
オーバー気味になると色が飛んでしまうのですが、不足過ぎると
手前の景色が見えなくなってしまい兼ね合いが難しいですね。

デジタルの場合モニターで確認しながら露出を変えられるのですが、
まわりで銀塩で撮っていた人たちは成功したかどうか興味があります。

投稿: OM1ユーザー | 2007年7月15日 (日) 08時16分

こんばんは、天文中年です。

OM1ユーザーさん、おめでとうございます。
一位とは凄いですね。♪

作品も大変美しく素晴らしい写真なので
一位になったのもうなずけますね。♪

それにしても、OM1ユーザーさんの最近のメイン機
はもう完全にD40ですね。

今日、私もD40とD80そして、久々にD2H
を使いました。
久々の秒8コマ連写は気持ちよかったです。(笑)

投稿: 天文中年 | 2007年7月15日 (日) 20時25分

先日の入選に続き、今度は堂々の1位!おめでとうございます。
尾瀬の素晴らしい瞬間をみごとに捉えていますね!
じっと見入ってしまいます。
尾瀬といえば、以前行った時、足がつってしまい、散々な目にあったことを思い出してしまいました。からだを鍛えて、装備は軽く、が大事ですね。

投稿: ときめき | 2007年7月15日 (日) 22時20分

>天文中年 さん

ありがとうございます。

この時はD200にはAF35mmF2つけていましたので左側の木が入らず山だけの構図でしたので
面白みがありませんでした。

下の記事の様にAiレンズの場合はやはりD200が断然いいですね。

このところ秒5コマの連写を使う場面がありません。(笑)

投稿: OM1ユーザー | 2007年7月15日 (日) 22時23分

>ときめき さん

ありがとうございます。

尾瀬行かれた事があるんですか、鳩待峠から尾瀬ヶ原に入るコースが一番楽なコースではないでしょうか。

コースによってはきついコースがありますが、今はもう自信ありません。

若い頃鳩待峠から至仏山登って尾瀬ヶ原に下るコースを歩いたことがありますが、
尾瀬ヶ原の全貌が見えますので素晴らしい眺めですが途中でバテて
漸くの思いで下に着いた思い出があります。

尾瀬は何度でも行きたい所です。

投稿: OM1ユーザー | 2007年7月15日 (日) 22時36分

遅ればせながら、おめでとうございます。
連続入選と絶好調ですね(^^)

素晴らしい尾瀬の写真。
早朝のいい時間に確実に写されているからこその作品ですね。
日中ではこうは行きませんよね。。。

投稿: せんこ~ | 2007年7月16日 (月) 12時32分

>せんこ~ さん

ありがとうございます。

やはり風景の場合被写体の魅力とありきたりでない自然の環境とが重なった時にいい写真が撮れるのでしょうね。
そしてそのチャンスにめぐり会った時に確実にものにし、
逃さない様に普段から撮影技術を磨いておかないといけないのでしょうね。

11月に大きなチャンスが訪れそうなのでこれから準備に入ろうと思っています。(まだ内緒ですが)

投稿: OM1ユーザー | 2007年7月16日 (月) 15時06分

ここでは、はじめましてです^^

尾瀬の写真、なんだかとっても懐かしさが込み上げてきました
素晴らしい一瞬を撮られましてね
これからも、素晴らしい写真を見せて下さい

投稿: ぴんさん | 2007年7月16日 (月) 23時43分

>ぴんさん さん

はじめまして、お名前はよく拝見しています。
コメントありがとうございます。

札幌にお住まいでしょうか?

後ほどブログに訪問させて頂きます。

投稿: OM1ユーザー | 2007年7月17日 (火) 08時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Ai24mm F2S(2) | トップページ | 洗足池の灯籠流し »