« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

2007年7月31日 (火)

梅雨の晴れ間の夕景

7月28日(土)は出勤でしたが久し振りに洗足池の夕日に間に合うことが出来ました。

今までのなかでもかなりいい夕景が見られました。
ところが大失敗をしてしまいました。
灯籠流しの時のISO1600にしたままで撮っていて、帰ってから現像時に気がつきました。(涙)

D40といえどもコントラストの強い夕景は暗部がノイズだらけになり暗部を持ち上げることが出来ません。

そんな訳でかなりノイジーな写真ですがネタが他にないのでアップします。

D40+VR18-200mmで撮りました。

まだ太陽が沈む迄には間が有ります。

Dsc_2499slkn_


縦位置の夕日です。

Dsc_2507_1_


続いて横位置です。

Dsc_2508_1_

うまい具合に鳥が飛んで来ました。

Dsc_2521_1_

Dsc_2533_1_


太陽は完全に沈んでいきました。
トンボをいれて(といってもわからないくらい小さいですが)

Dsc_2564slkn_


太陽が沈んだ後空がもっと色づくのを待ちましたがあまり変化しませんでした。

Dsc_2571slk_

最後はWBをちょっと変えてみました。
池に映る夕景です。

Dsc_2577slk_

| | コメント (18)

2007年7月24日 (火)

雨の洗足池

7月22日(日)の朝、雨が降っていましたが6時過ぎ傘をさして洗足池に行きました。

さすがに散歩に来ている人は少ないですが、傘もささないでジョギングしている人もいました。

久しぶりにD200にAF-S 17-55mmF2.8の重量コンビです。
今回はSLKYPIXで「フィルム調K」で全て現像しています。
最近この色合いが好きになってきました。
雨の日は特にこの色合いが似合います。

片手に傘片手にD200での撮影です。

いつも最初に行く水生植物園です。ここはアヤメや花菖蒲の咲く所ですが今はこんな状態です。

Dsc_4580slkn_


水生植物園の水の上を歩ける八つ橋です。

Dsc_4585slk_


池の向こう岸も雨でけぶっています。(これが撮りたかったのです。)

Dsc_4587slk_


Dsc_4589slk_


岸辺の蒲の穂が大分大きくなってきました。

Dsc_4595slk_


池月橋もしっとり濡れています。

Dsc_4601slk_


Dsc_4624slk_


Dsc_4603slk_


こういう風景も雨ならではのものです。

Dsc_4611slk_


Dsc_4613slk_


Dsc_4617slk_


Dsc_4619slk_


Dsc_4620slk_


名馬「池月」も濡れています。

Dsc_4628slk_


散歩に来たおばちゃん達が「カワイイ!」とかいって騒いで居ますので行ってみると、カルガモの親子でした。

カルガモはもういなくなったと思っていましたが雛まで連れていました。
雛をを見るのはこの3年間で初めてです。残念ながらこういう時に限って望遠を持ってきてません。

ここではカルガモの雛はカラスや猫、蛇にやられてなかなか育たないと聞いて居ます。

ここまで育てばもう大丈夫ではないでしょうか。

Dsc_4633slk_


最後にいつもよく写す私の定番の風景を二枚載せます。

Dsc_4665slk_


Dsc_4671slk_

さすがにこの朝はラジオ体操も中止だったようで落ち着いた撮影が出来ました。

あらためてAF-S17-55mmF2.8の良さを実感しました。

| | コメント (16)

2007年7月18日 (水)

洗足池の灯籠流し

毎年7月16日はお盆の灯籠流しが洗足池で行われます。

今まで見に行く機会がなかったのですが今年は写真撮りに行く事が出来ました。

初めてなのでどんな風に行われるのか全然わからなくて取り敢えず御松庵妙福寺に行ってみました。

今回はD40にVR18-200mmを付け三脚も持っていきました。

お寺の門は提灯と電球がついていい雰囲気でした。

Dsc_2453slkn_

先祖を供養する方々の灯籠も準備されていました。
全部で600個だということです。

Dsc_2455slk_h


灯籠は9艘のボートに載せられ洗足池の全方向に散らばっていきました。

舟の中で灯籠に火が付けられいよいよ灯籠流しがはじまります。

Dsc_2461slk_


舟から灯籠が一つ一つ静かに水面に浮かべられていきます。

Dsc_2463slk_


Dsc_2468slk_


Dsc_2479slk_


Dsc_2480slk_


全体が見える歩道橋の上に移動して撮りましたが、車が通る度に振動して最悪の状況でした。

Dsc_2481_1_

Dsc_2483slk_


Dsc_2485_1_


Dsc_2488_1_


少しアップで撮ってみました。

Dsc_2486_1_


Dsc_2491_1_


場所を移動してもう少し撮りたかったのですが、この時携帯が鳴って「早く帰って夕食食べなさい」と家内からの
無情の電話で撮影はお終いにしました。

家を6時過ぎに出て電話で気がついたら8時半過ぎていました。(笑)

今回で様子が分かったので来年は撮影ポイントを変えて、それとレンズもVR70-200F2.8にします。

今回露出はすべてF5.6の1/5秒 ISO1600でしたので被写体ブレしていますが雰囲気は分かるかなと思います。

| | コメント (20)

2007年7月11日 (水)

堂々の一位

「竹内純子と歩く尾瀬」というサイトはご存じの方もいらっしゃるかと思います。

そこでは毎月尾瀬百景フォトコンテストが行われています。

そこに5月の連休に行った時の尾瀬の写真を初めて投稿しました。

サイトを見た人の投票によって順位が決まるのですが、

第19回の結果は二位の作品と熾烈な一位争いを演じ、と言ってもずーっと二位だったのですが
投票最終日になってどういう訳か逆転し4票の差を付けて一位を取る事が出来ました。

三位までは過去の作品が見れるのでそれに入ればいいなと思っていましたが、好きな尾瀬で撮った
写真が一位となりこんな嬉しい事はありません。

Dsc_1761slkn__1


カメラ NIKON D40
レンズ AF-S VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6 G(IF)
データ F11 1/640秒 ISO200 焦点距離 22mm 絞り優先 スポット測光
SILKYPIXにて現像 WB調整

竹内純子と歩く尾瀬

第20回にも写真を投稿しています。

皆様もご自分の審美眼でいいなと思う作品に投票されてみたらいかがでしょうか。
(投票は一回限りです)

決して私の作品に投票してくれとは申しておりません。(笑)

| | コメント (30)

2007年7月 7日 (土)

Ai24mm F2S(2)

前回D40とプラナー50mmF1.4の組み合わせで風景には長すぎるのと露出で苦労したので、

今回はD200とAi24mmF2Sとの組み合わせで撮ってみました。

結果は大正解、画角は丁度いいし、露出も絞り優先で一発でOKですしやはりAiタイプの

レンズはD200で使うべきだと思いました。

ただしこのレンズは限度まで寄って撮った時背景のボケが良くないので、風景に力を発揮します。

花菖蒲が終った後、洗足池にはミソハギが咲き始めました。

Dsc_4515slkn_


これ以上寄ると背景が綺麗ではなくなります。

花だけ撮ると何処に咲いているか分からないので洗足池を背景にする様にしました。

Dsc_4516slkn_


洗足池に唯一流れ込んでいる小川にハンゲショウの群生がみられます。

この小川は洗足池の北約1Km位先の清水窪の湧き水から流れてきています。

Dsc_4517slkn_


雨上がりの水滴、背景のボケがあまり綺麗では無いですね。

Dsc_4526slknt_


F2開放で撮りました。このボケは幾分か綺麗です。

Dsc_4527slk_


洗足池の散歩道、蒲の穂が色づき始めました。

Dsc_4532slkn_

Dsc_4534slkn_


もうそろそろ終わりの紫陽花です。

洗足池に咲いている事が分かる様に撮りました。

Dsc_4535slkn2_


Dsc_4538slkn_


最後は水滴の着いた紫陽花の葉っぱ、とんとんさん、散歩猫さんにならって私も載せてみました。
お二人に写真には遠く及ばないですね。

Dsc_4540slkn_


| | コメント (16)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »