« 夏から秋へ | トップページ | 洗足池風物詩2 »

2006年8月24日 (木)

洗足池風物詩

洗足池にカルガモは一年中います。

あまりにも見慣れていてなかなかカメラを向けることはないのですが、杭に咲いている花の所に来たので撮りました。

D200 + タムロン28-300mm(A061)  です。

Dsc_3131rt

亀も沢山います。

Dsc_3182r_2

コシアキトンボも今の時期沢山いますが、飛翔が撮れないのでとまりものにします。(笑)

Dsc_3185rt

|

« 夏から秋へ | トップページ | 洗足池風物詩2 »

コメント

またも私の知らない洗足池の魅力が・・・
本当、また行って見たくなりました。

昔洗足池の水に触ると破傷風になると言われるほど、
汚い水だったんですが、OM1ユーザーさんの
写真では物凄く綺麗な水に見えます。
これはやっぱ写真技術によるものでしょうか?
それとも水質が改善されたのでしょうか?

ちなみにこのお写真はF6?D200?
私はD200と見ました!

投稿: POKOパパ | 2006年8月25日 (金) 00時23分

こんばんは(^^♪
鳥・亀・トンボ、それに四季折々の花など、本当に良い環境ですね(^^)
カルガモも居心地がいいから一年中いてるんでしょうね(^o^)丿
また、亀やトンボも繁殖できるほど良い環境なんでしょうね?
私の家の近くの池ではトンボも少ないので、車で1時間ほどの所へ撮影に行ったりしています(汗)
今後もその自然が守られていくと良いですね(^^)

投稿: ちゃむ | 2006年8月25日 (金) 00時41分

>POKOパパ さん
こんにちは。

洗足池は一時期に比べて大田区や地域の関係者の努力でかなり水が綺麗になった様です。
写真では空が写って更に綺麗に撮れます。

>私はD200と見ました!
当たり!!
書き忘れましたがD200とタムロン28=300mm(A061)で撮ったものです。
タムロンA061は標準から超望遠までの画角と、花も1:2.9倍とかなり大きく撮れるので望遠が好きな私には一番使いやすいレンズです。


>ちゃむ さん
こんにちは。
ここは早朝6時半から毎朝のラジオ体操には100人位は集まっていますし、ウオーキングする人、散歩する人、犬の散歩で来る人、ボートを乗りに来る人、ベンチで語り合うカップルなどなど多分一日数百人は訪れるのではないでしょうか。

この貴重な自然をいつまでも大切にしたいと常々思っています。
このブログはそういう貴重な自然がここにはあるということを一人でも多くの人に知ってもらいたいというささやかな願いも目的の一つです。

投稿: bsmasa(OM1ユーザー) | 2006年8月25日 (金) 11時17分

花、とんぼ、亀、鳥などなど被写体にはことかかない
フィールドですね。
お近くに素敵な場所があるとほんといいですね。
私の近くにも市民憩いの場所はあるのですが私からすると
もっと花を増やせって文句を言いたいですね(笑)

いつも拝見させていただき洗足池は、ほんといいとろだな
とうらやましく見ています(笑)

投稿: senkokk | 2006年8月26日 (土) 00時46分

>senkokk さん
こんにちは。
私の住んでいる街区は洗足池に接していますので、歩いて一分位で行けますよ。(笑)
でもどういう訳かなかなか行けないのが悲しいです。

今年も灯籠流しとホタルの夕べに行けなかったので来年こそはと思っています。
9月になると毎年第一土日に千束八幡神社の秋祭りがありますので今年こそは写真撮りたいと思っていますのでご期待下さい。(笑)

投稿: bsmasa(OM1ユーザー) | 2006年8月26日 (土) 10時34分

洗足池、都会の真ん中にあるのに、自然が豊かですね。
カルガモやカメなど、見ていると、心が癒やされます。
カメさん、こっちを見てる!

投稿: ときめき | 2006年8月26日 (土) 11時22分

>ときめき さん
そうなんです。
東京都の23区内にあっては貴重な自然です。
これから秋から冬に向かってユリカモメをはじめ沢山の野鳥が集まって来ます。
そしてカワセミが戻って来ると大砲レンズを持ったカメラマンたちが早朝から集まって来ます。
来年はここで営巣・繁殖してくれることがみんなの悲願なのです。

投稿: OM1ユーザー | 2006年8月27日 (日) 05時58分

この記事へのコメントは終了しました。

« 夏から秋へ | トップページ | 洗足池風物詩2 »